第8話

しっくす
1,325
2022/07/31 15:18
あなた
ロディってさ、将来の夢とかある?
ここに引っ越して来て2~3年経ち、ここでの生活にもかなり慣れた頃だった

彼女が唐突にそんな質問をしてきたのは
幼少期のロディ
将来の夢って……なりたい職業とか?
あなた
まぁ、そんな感じかなぁ。やりたいこととかでも、なんでもいいの!
ロディ、大きくなったら、何かやりたいことはない?
幼少期のロディ
やりたいこと…ねぇ……
特にない、と言おうと思ったら、ふと昔のことを思い出した

セスナ機の模型を持って走り回った、あの頃の自分……
幼少期のロディ
…………操縦士、とか
あなた
操縦士って、飛行機とかの?
幼少期のロディ
そんな感じ
幼少期のロディ
ま、夢なんてモンより緩い感じだけどな。なれたらいいなー、みたいな
”弟たちを養えれば充分。それ以上望んだっていいことは無い”

そう思って、数年前に封じ込めた夢だった

どうせ無理だとわかっていても、思い出すとなんだか寂しく感じてしまった。思えば、小さい頃からの夢だったような気がする
あなた
へぇ、ロディも空飛びたいんだ!
幼少期のロディ
”も?”
あなた
うん! わたしはね、空を飛ぶのが夢なの
あなた
こんな個性バルーンだから、小さい頃から空に憧れがあってね
「わたしの手から旅立ったあの風船は、どんな景色を見ているんだろう」
「あんなに高いところから見るオセオンは、どんな風に見えるんだろう」って
幼少期のロディ
へー、そんな話初めて聞いた
あなた
なかなか話す機会無かったからね〜
あなた
でも今のままじゃ、わたしの体重を持ち上げるのも難しいみたいで……
バケツいっぱいに入った水で精一杯って感じ
あなた
まあ上がれたとしても、風船割れちゃったらそのまま真っ逆さまだし、ひとりじゃ無理だと思うんだけどね……
あなた
でも、いつか自分の力で行ってみたいんだ。あの空まで!
そう言って青い空を見つめる彼女の瞳はとても綺麗で

何より、自分の夢を楽しそうに話す彼女の笑顔に、吸い込まれそうになった
幼少期のロディ
(──あれ、なんだ、この感じ)
いつも感じる温かさとはまた違う、息が少し苦しい感じ……
ピノ
ピピ〜……
肩に乗っていたピノがパタパタと降りてきて、顔を隠した
幼少期のロディ
……ピノ?
しばらくすると、ピノは顔を隠していた羽をどけた
ピノ
…ピィ……♡
ピノの顔は赤くなっていて、まるで恋でもしたかのような表情をしていた





……ん? 恋でもしたかのような表情?


幼少期のロディ
……お前……………………ま、まさか……っ!!
顔が一瞬にして熱くなっていくのを感じる

ピノが恋したような表情をしている、ということはつまり……”そういうこと”だ
あなた
? どうしたの?
幼少期のロディ
いやぁ!! なんでもない!!
急いでピノを掴み、自分のうしろへと隠す

あなたには俺の個性について詳しく説明してる

ということは、今ピノを見られた時点で詰みということになる
あなた
顔真っ赤だけど……大丈夫? もしかして熱あるの……?
幼少期のロディ
そ、そうそう熱!! 熱があるみたいだから俺今日はもう帰るわ!! じゃ!!!
あなた
え? あ、うん…また明日〜!
急いで家にかけこみ、玄関でしゃがみこむ

ロロとララは外に遊びに行ったようで、家の中にはいなかった
幼少期のロディ
…………マジかこれぇ………………
ピノがあんな顔をしていたってことは、俺が恋をしてしまったということになる

相手なんて、そんなのあなたしかいない。そもそもアイツ以外に同い年の女子と話したことなど無いのだから
幼少期のロディ
明日からどんな顔して会えばいいんだよ…………
体中が熱い。全身の熱が冷めてくれない
幼少期のロディ
…………はあぁぁ〜〜〜〜……………………
その時俺は、自分の人生で間違いなく、1番大きなため息をついた

プリ小説オーディオドラマ