第22話

#11
242
2022/11/27 09:00
ダダダダダッ
なつぴょん
っ、のっちさん!瀬戸達は!?
なかのっち
まだ、あと半分くらいだけど、
なつぴょん
すぐ出来ますか?
猫又
ん〜こっちは大きいのが1匹、こっちは…結構な量…しかも死体が
大半じゃないか…まぁ腐ってないなら美味いけどねぇ、
猫又
まぁギリギリ行けると思うよ、少し力をかりるけどね
なつぴょん
!はい!
なかのっち
…?なつぴょん何と話してるの?
なつぴょん
?のっちさんには見えてないんですか?
なかのっち
?何かいるの?
猫又
まぁ普通の人には見えないんだよねぇ
猫又
あんたは特別さ、それより…うさぎかぁ…
猫又
いい術式持ってるじゃないか、かしな
なつぴょん
、どうすれば?
猫又
これ、あたしの爪だよこれを握りながらその青い人間の
手を握りな、あたしは黄色い方を行く。時間がないからね


言われた通りに爪?を握り、瀬戸の手を握る。


その瞬間、淡い光が体を包み込んで、目の前が真っ暗になった



なつぴょん
…っ、ここは?
目を開けると、そこは吹雪だった


現実じゃないからか寒さは感じない、
なつぴょん
だけど、雪で視界が、
音も強い風のせいで全然聞こえない
なつぴょん
早くしないと…だけどどこに行けば…
なかのっち
(……っ…ん!)
なつぴょん
(?のっちさんの声?)
なかのっち
(なつぴょん!なんか急にいなくなって、しかも位置が瀬戸と
被ってるんだけど…?)
なつぴょん
(そうだっ!)
なつぴょん
のっちさん!前、猫の呪霊の中に取り込まれた時、
魂のどこにいるか分かりましたよね!
なつぴょん
その方法で瀬戸の位置わかりません?
なかのっち
(えっと、瀬戸の位置…?)
なかのっち
(…意味は分からないけど、とりあえず…)

〜道案内中〜
なつぴょん
あともう少し!
なかのっち
(ごめん!なつぴょん、そろそろ頭が、)
なつぴょん
はい、ありがとうございます!
なかのっち
(回復したらすぐ繋ぐから!)ブツッ



なつぴょん
確かこの辺って言ってたけど…
なつぴょん
(!!風が強くっ))


なつぴょん
え…?
つい数秒前まであった雪は消えて、目の前には大きな桜の木があった
なつぴょん
綺麗…
なつぴょん
…あっ!瀬戸は!
キョロキョロ
なつぴょん
!!いた!せと…っ!?
なつぴょん
ネズミ…!?
洞窟の時の蜘蛛ほどの大きさのネズミが急に飛びついてきた
なつぴょん
(雪の中歩いたせいで体が重い、)
なつぴょん
危なっ!
なつぴょん
1回目は運良く避けれたけど…次は…
なつぴょん
…っ!

プリ小説オーディオドラマ