無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

橋本涼
あなた『』
橋本「」

すたーと

『先輩っ!今日部活休みになりました!』

「そうなんだ。報告ありがとう(ニコッ」

『(〃♥^♥〃キャャャア)』

「あ!そうだ!今日一緒に帰ろ!(今日こそは、告るの!」

『は、はい!』

放課後

「あなたー、帰ろー」

『はい!』

「よーいドン!」(ダッシュ)

『あー!待ってください!』(ダッシュ)

『先輩!早いですよ!』

「笑笑可愛い(ボソッ」

『え!今なんて?(/// ^///)』

「なんでもない!」

『さっ!帰りましょ!』

帰り道

あなた·涼「あの!/あのさ!」

「先いいよ」

『先輩から言ってください!』

「あ、あのさ!ずっと前から好きだった!付き合ってくれませんか?」

『こ、こ、こ、こんな私で良ければよろしくお願いします!』

「良かった〜!」

『私も、今日告ろうと思ってました!!』

「そうなんだ!あのさ!先輩じゃなくて、涼って呼んで!あとタメで」

『うん!!』

「じゃあ、バイバイ(ヾ(´・ω・`)!明日迎えに行くから!」

『バイバイ(ヾ(´・ω・`)♥』



ピンポーン
「迎え来たよ〜」

『はーい』

『涼!(/// ^///)おはよ!』

「おう!おはよう!今日も可愛いね💕」

『(///∇///)ゞ』

『じゃあ頑張って!』



END



🎀___H. さん!
本当に申し訳ありません!
マネージャーの話に出来ませんでした😭
リクエストいただいたのに!!
しかも、遅くなってしまい、本当にすいません!
でも、またリクエストいただけたら嬉しいです!