無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第108話

白雪姫の口付けは。
王子
なんて美しい女性なんだ……
王子
??……眠っているようだが棺に入っているという事は……この女性は亡くなっているのか……?
王子
この人が生きている間に出会いたかった…この人はどんな声をしていて
王子
どんな性格だったのだろうか…
王子
きっと…ガラスのように透き通った声で,誰にでも優しい性格だったのだろう…
王子
白…雪姫…?この女性は白雪姫と言う名前なのか…
王子
この人にピッタリな名前だ…
小人
あのぅ…
王子
…!
初めまして


私は白雪姫!


じゃなかった…


2年生のあなたです!


今,次の発表会で披露する「白雪姫」の練習をしているんだけど…


私が白雪姫役(今,棺の中で目を閉じてます)


7人の小人は,1年生のころんくん・るぅとくん・莉犬くん・モブくんと,2年生のジェルくん・さとみくん・モブくんで


女王役をモブ子ちゃんが


そして,王子役を……















































































































2年生のななもりくんがします
モブ
白雪姫は私達にとって太陽のような存在でした…
るぅと
るぅと
しかし,王女様の毒により死んでしまったのです…
さとみ
さとみ
ですが,白雪姫はこの通り雪のように白い肌
莉犬
莉犬
赤い薔薇のように美しいほっぺ
モブ
窓枠の黒檀のように黒々とした髪を持っている……
ジェル
ジェル
一言で表すととても美しいのです…
ころん
ころん
そして,死んでもこの美しさは消えず…こんなに美しい白雪姫を土に埋めることはできない…
モブ
そう思い,ガラスの棺に寝かせました…
ななもり
ななもり
なるほど…
ななもり
ななもり
私は生まれてから1度も女性に恋をした事がありませんでした…
ななもり
ななもり
しかし……今,私は白雪姫に恋をした……
ななもり
ななもり
このガラスの棺を譲ってくださりませんか…?
ななもり
ななもり
勿論,タダでとは言いません
ななもり
ななもり
あなた方の欲しいものを全て用意します
語り手
けれども,7人の小人は静かに首を横に振りました
るぅと
るぅと
たとえ,世界中のお金を頂いても,世界で1番珍しい物を頂いてもこればかりは差し上げれません…
ななもり
ななもり
確かにそうだ…
ななもり
ななもり
この美しい白雪姫が入った棺はどんなお金や宝物でも代える事はできない…
ななもり
ななもり
しかし,私は白雪姫なしにはもう生きていけない…
ななもり
ななもり
私は白雪姫に恋をしてしまった…
ななもり
ななもり
私の国で毎日綺麗に大切に保管する
ななもり
ななもり
私は生きている間白雪姫を敬い続ける…
ななもり
ななもり
だから,私に譲って欲しい…
さとみ
さとみ
白雪姫が生きている間なら…王子様にお渡し出来たかもしれません…
莉犬
莉犬
あなたなら,女王から白雪姫を守ってくれそうだから…………ですが
ジェル
ジェル
白雪姫はもう死んでしまったのです
どうか,お諦めください……
ななもり
ななもり
…………わかった
ななもり
ななもり
確かにお前たちの言う通りだ
諦めよう
ななもり
ななもり
だが,生まれて初めて恋をした白雪姫にせめて別れの口付けだけさせてくれ
ころん
ころん
はい。あなたなら白雪姫も口付けを許してくれるでしょう…
はい


ここで童話の方ではキスをするんだけど…


流石にキスまでは…


と言う事でお客さんの角度からは見えないように,ギリギリを攻めます


でも,今日は練習だから寸止めです


だけど!!


今から言うことに引かないでね?


私,実はななもりくんが好きだから


白雪姫役をしたんだよね…


だから,寸止めじゃなくて本当にキスしたi


はい。ごめんなさい
語り手
小人たちがそう言ってくれたので,王子はガラスの棺を開くとまるで眠っているような白雪姫に口付けをs…
??
ドン!
ななもり
ななもり
ぇ?…
chu
あなた

パチッ

唇になにか違和感があったから目を開けると,目の前にはななもりくんの綺麗なお顔が


……………………………


………………………………………………え?


今…………………


今…………………………………


キスした?!?!
ななもり
ななもり
サッ………ご,ごごごごごごごめん!!
あなた

いや,だだ大丈夫!!バランス崩したり…したんでしょ?…大丈夫だから…///

ななもり
ななもり
いや,誰かに押されて……
モブ
誰に押されたのー?
モブ
私,見てなかった…
モブ
俺も台本見てた…
モブ
い,一旦休憩!
あなた

ふぅ……

ななもり
ななもり
あの…あなたちゃん……ちょっとこっち来てくれる?
あなた

あ,うん…///

ガチャッ……バタンッ


連れて行かれたのは屋上
ななもり
ななもり
あのさ……さっきは本当にごめん…
あなた

いや,本当に大丈夫だから…///

ななもり
ななもり
……………………
黙らないでよぉぉぉぉ


そうだ…これをきっかけに……


さとみくんに相談したら,言ってた
さとみ
さとみ
あなたはきっかけが無いと行動しないから,ちょっとの事でもそれをきっかけに告白したらいいんだよ
そうだ………頑張るんだ私…
あなた

あのさ……っ

ななもり
ななもり
……うん?
あなた

私……ずっと前から…………///

ちゃんと言うんだ……!
あなた

ななもりくんの事が好きなの………///

あなた

だ,だから………///

ギュッ
あなた

へ?

私がそう言うとななもりくんはそっと私の手を握った
ななもり
ななもり
お,俺も好き!
あなた

……………………………

あなた

………………………え?

ななもり
ななもり
だから……良ければ付き合ってください!
あなた

勿論!こちらこそよろしくお願いします…!

ななもり
ななもり
あ,そろそろ部室戻らないと…
あなた

本当だ……

もうちょっとななもりくんと居たかったな〜…


トコトコトコ
あなた

あ,そう言えば私ファーストキスがななもりくんで良かった

ガラガラッ
ななもり
ななもり
へ?…………///
全員
………………あ
ジェル
ジェル
手ぇ繋いでるってことは…やっと付きおうたん?!
ななもり
ななもり
あなた

ころん
ころん
いやー長かったね莉犬くん
莉犬
莉犬
そうだねころちゃん
るぅと
るぅと
あの作戦上手く行きましたねさとみ先輩!
モブ
……あ
さとみ
さとみ
おぉいるぅとぉ!!
あなた

作戦って??

さとみ
さとみ
あー……俺は2人から相談受けてたの
ジェル
ジェル
で,演劇部全員お前ら2人が両思いなん知っててたし
ころん
ころん
それで,僕らでくっ付けちゃえ!ってなって
莉犬
莉犬
さっきのやつやった……
ななもり
ななもり
ぅえぇ?!
るぅと
るぅと
ちなみに押したのはさとみ先輩です
あなた

じゃ,じゃあ……

ななもり
ななもり
部員全員グルだったの?!
全員
まぁそういう事
あなた

はぁ…///

ななもり
ななもり
その団結力他に活かそうよ……()
そして………


〜発表会当日〜
ななもり
ななもり
せめて別れの口付けだけさせてくれ
ころん
ころん
はい。あなたなら白雪姫も口付けを許してくれるでしょう…
語り手
小人たちがそう言ってくれたので王子はガラスの棺を開くとまるで眠っているような白雪姫に口付けをしました
chu♡
お客さん
あれ,本当にキスしてるよ…!(小声)
お客さん
本当だ…カップルなのかな…(小声)
白雪姫の口付けは。
END


✂︎-----------------㋖㋷㋣㋷線-------------------✂︎
作者
今回はリクエストのなーくんとのハプニングキス
作者
です!ある漫画のワンシーンを参考にさせて貰ったんですけど…
作者
どうでしたか?
作者
年がら年中リクエスト募集中なので,どんどこリクエストしてください!
作者
それではばいちゃ!