無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第161話

嘘つきな私と素直な君 5.
??3「そろそろ図書室閉めても良いですか??」


一同「わぁッ!!」


『びっくり……………してない…』


ころん「ぶっww」


さとみ「あるぅとじゃん」


??3「あ,さとみくんだ」


??4「ん??さとちゃんいるの??」


ヒョコッ


『さとみくんって…こう顔……顔が……』


『でかいんだね』


ななもり。「えぇッ?!?!ww」


??3「思いっきり悪口言われてるけどいいんですか??w」


??4「さとちゃんw顔がでかいって言われww」


さとみ「え??そんなこと思ってたの??」


『あれ?違った??』


ジェル「それを言うなら顔が広い。とちゃうん??ww」


『え…………』


ころん「お前wまじでアホ過ぎだろw」


『ころんうるさい。』


ころん「あちゃあ~……今日僕に冷たくない??」


『そりゃこのメンツだとそうなるでしょ』


さとみ「ジェルも良いぞ」


『おっけ☆』


ジェル「はぁ?wちょっまじで待ってやw」


??3「ちょっとお?!話すならころちゃんの家にしてくださいよ」


??4「そ~だそ~だ!!!」


ななもり。「そうだねまた自己紹介しないとだし」


『しゃーない……良いよ。今日だけだからね』


ころん「おいおいおい」


さとみ「はい強制~!!」


ころん「えぇ~??まじめんどい…」


『ピピー!ころんOUT!!』


ころん「はぁ?!w」


―ころん宅―


ななもり。「じゃあ自己紹介しないとね」


ジェル「あと自分の病気やろ??」


さとみ「そうそう。お前ら2人もだろ??」


??3,4「ビクッッ」


ななもり。「はぁーい名前は分かるよねw病気は虹雫吐き病。」


??3「……え…………」


ジェル「ジェル。雪涙病…!!」


??4「なんでそんなに元気なんだよ」


さとみ「俺と」


ころん「僕が」


さところ「心声素直病」


??3「僕はるぅとです。ジェルくんと同じで雪涙病です」


??4「俺は莉犬。」


莉犬「……ッ……………ブルブルブル…」


るぅと「莉犬。大丈夫だからナデナデ」


莉犬「……獣人病……」


『………え………』


ななもり。「あなたちゃんは言えそう??」


『………頑張ります………氷見市 あなたです。』


『…えと…………ッ……』


さとみ「大丈夫。」


『……さ…とみく……ッ……』


さとみ「大丈夫。皆悪い奴じゃないから」


『…う…………嘘…』


ころん「頑張れ…ッ」


『…嘘吐き病…………です…………』


るぅと「………ぇ…ッ」


莉犬「…嘘…………」


さとみ「頑張った頑張ったナデナデ」


『………まじでキモい…』


さとみ「………………ショボン……」


ジェル「w…………w…」


ななもり。「え??ジェルくんどうしたの??w」


ジェル「ううんwこの2人おもろいなあって思ってんww」


『それ絶対言わないでよね。』


ジェル「ぅえっ?!?!」


『え??』


ジェル「あなたちゃんが俺に………」