無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第67話

〖7〗運命
ぐぅ
えと…実は私……ある病気にかかっているんです
さとみ
さとみ
え…?
るぅと
るぅと
嘘…
ぐぅ
本当
ぐぅ
それは……それはね…
ぐぅ
歌声喪失病って言うんだけど…皆知ってる?

嘘…………

え……
ぐぅ
リスナーの中には知ってる子も居るっぽいね
ぐぅ
歌声喪失病って言うのは、歌声だけ出せなくなる病気なんだって
ころん
ころん
え…
ぐぅ
それで……1日だけの最高の歌声が出せるようになるの
莉犬
莉犬
最高の歌声…
ぐぅ
それで……その最高の歌声を出したら………
ジェル
ジェル
出したら…?
ぐぅ
日が沈むと共に消えちゃうんだって
ななもり
ななもり
え………?
ななもり
ななもり
だ、だから………
ぐぅ
そう…だから…ライブをするか迷ったんだよね笑
ぐぅ
まぁでも歌えない歌い手なんて何の為に?って感じでしょ?
さとみ
さとみ
嘘だろ……?
で、でも……もしかしたら消えないかもしれないじゃん!!
ぐぅ
ううんもう……この病気にかかった時点で運命って決まってるんだよ
ぐぅ
それでね。今日は皆に手紙を書いてきました!
ぐぅ
ちゃんと聞いてね?
るぅと
るぅと
うん…!
ぐぅ
まずは……莉犬!
莉犬
莉犬
はいっ!
ぐぅ
なになに何の返事なのそれww
ぐぅ
まぁいいや
ぐぅ
莉犬へ

莉犬と出会った時は莉犬は虐められてたよね

「この目と耳と尻尾が無かったら…!」って言ってた

でもね初めて会った時突き放されたけど大勢から殴られているところを助けたら、ありがとう…ありがとうって凄く言ってくれて…勇気出して良かったって思った

莉犬は私が悩んでいたりしていた時いつも「大丈夫?なんでも相談してね」って言ってくれて本当に嬉しかった

莉犬は人のことを思いやる心があって凄く優しい人です

その優しさでメンバーを、リスナーを、助けてあげてね

いつまでも応援しています

莉犬
莉犬
ぐぅちゃん……
ぐぅ
泣かないでよ〜
ぐぅ
莉犬…本当にありがとうね
ぐぅ
これからも頑張ってね
莉犬
莉犬
うん……っ
ぐぅ
次に……ころちゃん!
ころん
ころん
あ僕…?
ぐぅ
そうそう笑ころちゃん泣かないでよね〜笑
ぐぅ
ころちゃんへ

ころちゃんは小さい頃から本当に優しくて、私がコケたらすぐに「大丈夫?絆創膏貼ってあげるね」ってすぐに駆けつけてくれたよね

でも大きくなっていくと共に大人しかったのに、騒がしくなっていったよね笑

それでもころちゃんは根は凄く優しい子で、ツンデレ?と言うか…普通に優しくて頼もしいです

いつもは皆と発狂して楽しんでるころちゃんだけど、涙脆くて凄く優しいのを皆に知ってもらいたい

本当にリスナー思いで、リスナーさんがどうやったら楽しめるか、楽しんでもらうには何をすればいいかっていつも悩んでるよね

リスナーさんはきっと、ころちゃんのそういう面に惹かれたんじゃないかな

これからもすとぷりの皆とリスナーと楽しんでね
ころん
ころん
…っ……ぐぅ…
ぐぅ
もう〜ころちゃん泣き虫ww
ころん
ころん
そういうぐぅこそ…グスッ
ぐぅ
これからも頑張ってね
ころん
ころん
任せろっ…!
ぐぅ
次にるぅちゃん
るぅと
るぅと
はい…!
ぐぅ
るぅちゃんへ

るぅちゃんには本当に小さい頃からお世話になっています

鈍臭い私といつも一緒に居てくれて「いつでも頼ってよね」って言ってくれて…凄く頼もしかったです

中学の時からそういう敬語混じりの話し方になったけど、それはるぅちゃんが無意識にだけど相手への敬意が出てるんじゃないかな

るぅちゃんは本当に私と同い年かと思うくらい、考え方が大人で頼もしくて凄く尊敬しています

歌詞の作詞もして、ギターも弾けてるぅちゃんは本当に凄いから自信を持ってね

裏でいつも頑張っているるぅちゃんの事を応援してます

これからもすとぷりを支えて、リスナーさん達を笑顔にしていってね
るぅと
るぅと
うん…っ
ぐぅ
本当に今までありがとうるぅちゃん
るぅと
るぅと
こっちこそだよ…