無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

〔7〕気持ち
さとみ
さとみ
じゃあ…そろそろ帰るか!
あなた

うん!

そう言って私達はまた自転車に乗る








見慣れた景色が横に流れていくけど







そこには色々な思い出が詰まってる


さとみ
さとみ
そーいや小さい時ここであなたコケたよねww
あなた

ちょっと!それ思い出さないでww

さとみ
さとみ
皆で走ってったらあなたww飛んできた蝉にwwびっくりしてコケたもんなww
あなた

だから思い出さないでってばww

……こんな他愛のない会話を出来るのも今だけかもしれない




もしかしたら、さとちゃんは高校生活の中で彼女を作るかもしれない




もしかしたら明日私が事故にあうかもしれない




そんな中で今、君と過ごせてるって奇跡だね
あなた

そーいや、あそこの階段でグリコしてたよね

さとみ
さとみ
うん
あなた

で、さとちゃんはいつも最後だよねww

さとみ
さとみ
うんww
あなた

さとちゃん勝つのいっつもグーだから全然進んでなかったよねww

さとみ
さとみ
そうそうww「よっしゃ勝った!グ・リ・コ」ってなww
あなた

ふふっ

笑ってる顔…かっこいいな…




いつも面白い事を言ってたりするけど

本当はすっごく優しくて






かっこいい
























やっぱり私……さとちゃんの事が…






































































あなた

好き……。

さとみ
さとみ
…え…?
あなた

あ。