無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

〔2〕優しさ
誰かに……話したい…










誰に…?












さとちゃん…!






ピンポーン



< はーい



ピンポンピンポンピンポーン



ガチャッ
さとみ
さとみ
うるさいうるさいww
あなた

www

さとみ
さとみ
どしたの?
あなた

ちょっとお話しに来た

さとみ
さとみ
……まぁ上がりたまえ
あなた

お邪魔するでござる

さとみ
さとみ
ww
さとみ
さとみ
で、なんかあったの?


さとちゃんはやっぱり鋭いなぁ

あなた

ちょっと…友達に避けられてる感じがして……

さとみ
さとみ
そうなんだ……
さとみ
さとみ
それってころん達?
あなた

え?なんで分k…

あ……ころちゃん達の事は悪く言わない様にしたかったのに…………
さとみ
さとみ
そっか…
さとみ
さとみ
あなた…?泣きたい時はね泣いたら良いんだよ?
さとちゃんはそう言って優しく頭をぽんぽんしてくれた







その言葉と私を撫でる手が優しくて私の目から1粒また1粒と涙が落ちる
あなた

なんで…私の事無視するんだろ………ヒック

あなた

私の事嫌いなのかな……ポタポタ

さとみ
さとみ
大丈夫……1人も味方が居ないなんて事は絶対無いんだから…
さとみ
さとみ
少なくとも俺はあなたの事嫌いじゃなくて大好きだよ?
あなた

ほ…んと?

さとみ
さとみ
うん
あなた

さとちゃんありがとう!

あなた

元気出てきた!

さとみ
さとみ
そかそか良かった良かった
あなた

ごめんね話聞いてもらって

さとみ
さとみ
全然大丈夫
あなた

じゃ、またね!

さとみ
さとみ
またな〜








no-side


ピンポーン
さとみ
さとみ
はーい
ころん
ころん
さとみくん……グスッ
さとみ
さとみ
……とりあえず家入って
ころん
ころん
う、ん
ころん
ころん
実は………






ピンポーン
ななもり
ななもり
はーい
るぅと
るぅと
…なーくん……
ななもり
ななもり
どしたの?るぅとくん
るぅと
るぅと
あの……ポタッ…
ななもり
ななもり
と、とりあえず家入って!
るぅと
るぅと
はい……
ななもり
ななもり
で、どーしたの?
るぅと
るぅと
実は…………






ピンポーン
ジェル
ジェル
はーい
莉犬
莉犬
ジェルくん……ヒック
ジェル
ジェル
り、莉犬…?
莉犬
莉犬
ど、どうしよ…俺…ポタッ
ジェル
ジェル
ゆっくりでええから言ってみ?
莉犬
莉犬
じ、実は……