無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第183話

君は素直じゃない。 -seven-
そこ……瑠羽斗さんのベッドじゃ………


グイッ


『ぅひゃッ……』


root「あ,ごめん」


ピカッ!!


ゴロゴロゴロッ


『ビクッ…』


ギュッ(手


root「だ,大丈夫だよ…」


『コクコクッ』


root「あ,あのさ……」


『………な,なんですか??』


root「僕ぶっちゃけちゃうとね,人との接し方わかんないんだよね……特に女の子は。」


root「だからさ…ここ最近であなたさんの事困らせてたらごめんなさい…」


『や,大丈夫ですけど……』


ピカッ!


ゴロゴロゴロ!!


『ビクッ』


root「ちょっとごめん」


ギュッ(ハグ


root「大丈夫……大丈夫。」


root「僕がいるから……ナデナデ」


『………///』


『あ,えと……もう大丈夫です……』


root「あ,あの……ごめん…」


『大丈夫ですッ凄く安心しましたし!』


『そ,それに瑠羽斗さんについても知れてよかったです』


『言うタイミングはおかしいと思いますが…』


root「えッ………」


ピカッ!


ピシャーン!!


ゴロゴロゴロッ!!


『…ッ………』


root「大丈夫.大丈夫…ナデナデ」


『瑠羽斗さんッ……』


root「な,何……??」


『あ.ありがとうございます……!……ニコッ』


root「!!………あなたさんも言うタイミングおかしいじゃないですかw」


『あれw』


―次の日―


ガチャッ


『あ.瑠羽斗さんおはようございます』


root「おはよ.朝ご飯食べてってくださいね」


『はぁーい』


『モグモグ……瑠羽斗さんってモグ……本当に料理が上手なんですねモグモグ』


root「え本当ですかッ?!」


『わッ!……はいッどのおかずもとっても美味しいです!!』


root「ふふふありがとうございますッ」


―昼休み―


colon「あなたちゃーん」


『あッころん先輩!!』


colon「一緒にお昼食べよー」


『えと……私なんかで良いんですか?』


colon「いやいやッあなたちゃんが良いの!皆も言ってたし!!」


『へ、皆……?』


グイッ


『ぅぎゃ、←』


―屋上―


nanamori「あ.あなたちゃんやっほー!」


jel「ごめんなぁ来てもらって。」


satomi「おッ弁当持ってきたんだ!」


『はいッ瑠羽斗さんが作ってくれたんですッ』


rinu「おぉー!るぅちゃんやるねぇ~」


『あ.今日は瑠羽斗さんは居ないんですね』


colon「そうそう.今日は僕達あなたちゃんに用があるからね」


『私……ですか??』


nanamori「そう.あなたちゃんに。」


『???……』