無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

〔3〕1人
あなた

はぁ……

ガチャッ     バタン







今日も学校か………また3人に避けられるのかなぁ……






なんで避けられてるんだろ……






小学校の頃からずっと仲良しだったのに…
あなた

やだな…

さとみ
さとみ
あなたっ!学校頑張れ!
あなた

うん!

はぁ……好きな人に「頑張れ」なんて言われたら頑張るしかないじゃん…!













ガラガラ ピシャン
あなた

起立、礼、1時限目の〜…………









ふぅ…やっとお昼かぁ…
あなた

子供組に避けられてるから1人で食べないといけないのかぁ……




まぁいいや
あなた

ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"

はぁ……1人で食べるお昼ご飯ってこんなに楽しくないんだ……






いつも楽しく感じていた教室も






いつもと同じ景色でも





何故だか遠くに感じてしまった



















その日の授業中はなんだか頭がふらふらして、体調不良だなってすぐにわかったけど早退は絶対にしたくない





私は生徒会長だし代議委員、部長を務めているから皆に迷惑をかけたくない





周りに迷惑をかけるくらいなら自分が無理する方がいい





私は我慢出来る。こんな事で迷惑掛けちゃだめ





そう考えて過ごしていると気が付いたら放課後になっていた





今日は部活は休みだし早くかーえろっと
あなた

ハァハァ…

疲れた……体調不良だからすぐ疲れる…






なんか熱もありそうだな…






体がだるい…






しかも1人だからどうしようもないじゃん





あなた

さとみ
さとみ
どしたの?!あなた顔真っ赤っかだよ?
あなた

さとちゃん、ちょっとパシられて……くんない?

あなた

冷えピタ買ってきて………

さとみ
さとみ
うん買ったらすぐあなたん家に行くから、家帰って着替えて横になっといて!
あなた

はぁーい…

ガチャッ              バタン





私はすぐに着替えてベッドに横になったけど…、
あなた

こんなに静かだったっけ?…ゴホッゴホッ

なんだか今日は嫌な日だな……






親は忙しくて滅多に帰ってこないから家に1人だし





学校でも子供組以外に仲良い子なんて居ないから1人



















私の居場所ってどこなんだろ。

















違うか元から居場所なんてなかったか。












ピンポーン
あなた

…?

さとみ
さとみ
うわっ寝てなかったのかよ
あなた

さとちゃん……?

さとみ
さとみ
気持ち悪い親しくないのに、あだ名で呼ぶなよ
あなた

ど、して………?

好きな人にも見捨てられないといけないの……?
さとみ
さとみ
どうして?ハッまずお前と友達とか思ってねーし
さとみ
さとみ
ころん達に無視されて俺に頼ってきて1人じゃ何も出来ないのかよ
あなた

え……

そんな事思ってたんだ……
??
??
あなた…あなた!
あなた

……え…?

さとみ
さとみ
良かった起きた〜
さとみ
さとみ
すっごい魘されてたから起こしたけど
あなた

…ゆ、め…?

さとみ
さとみ
どした?怖い夢見た?
あなた

うん…でもさとちゃんが居るから大丈夫!

さとみ
さとみ
そう?
さとみ
さとみ
ならいいけど…
うん




私は1人じゃない…!