無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第140話

実らない苦い恋 ⅩⅠ
はぁ…僕ってどこまでも意気地無しだなぁ……


あなた…


凄く綺麗になってた


それにやっぱり小さい頃から可愛い雰囲気もあって…


本当に好きなんだ…


だけど今あなたは


僕のものでも


さとみくんのものでもなかった


るぅとくんと幸せになってた……


僕って何がしたかったんだろ…?


よくわかんないな…


気が付いたら僕はあなたとよく来ていた公園に着いていた


ゆっくりと空を見上げると満天の星空が見える


そう言えば今日は七夕で天の川が見えるんだっけ?


東京は都会だからか星はあまり見えない


だけどそんな環境の今この場所でも


こんなに綺麗に見える


どれが天の川か分かんないけど()
ころん
ポタッ……
あれ……


なんでこんなに涙が出てくるんだろ…


悲しいのかな…?


僕があなたに言ったのにね


「僕以上にカッコよくて,優しくて,あなたのことを大好きで,大切にしてくれる人と幸せになるって約束してくれる?」って…


それをあなたは守っただけじゃん…


しょうがないよね


3年も離れてたんだからそりゃあ気持ちは変わるよね…


ずっと待ってた


もう一度あなたと笑う日を


話す日を


声を聞く日を…


だけどそう考えてたのは僕だけだったみたい


わかってたのに…


そんなのずっとわかってたのに………


どこか期待していた自分が居た


あなたはずっと僕のことを好きでいてくれる……って
ころん
馬鹿みたいだな……
僕だけ


1人で


いつか僕だけにあの笑顔が向くことを


あの優しい声を独り占めすることを


あなたを僕で埋めることを……


夢見ていた…
ころん
あなた………っ…グスッ
あなた
何?ころちゃん……
ころん
…え………?
ころん
あなた……?
あなた
うんそうだよ?
あなた
ってか何泣いてんのさ〜…クイッ
そうやって僕の涙を優しく拭うあなたは本当に綺麗で


昔から雰囲気だけは変わってなくて…


本当に…好きだな………
あなた
あのさ,ころちゃん
ころん
ん?何?
あなた
やっぱりさ,ころちゃんとの約束守れなかった
あなた
私……どうやってもころちゃんのことが…
ころん
あのさ
あなた
…………何…?
ころん
るぅとくんはどうなの?
あなた
ん?
あなた
るぅとくん?なんでここで?
ころん
だってこんな時間なのに一緒に出歩いてて……
あなた
一緒に買い物着いてきてもらってたんだ〜
ころん
ラブラブだね………
あなた
うんそうだよ……………ってえ?!?!
ころん
ん?
あなた
ラブラブって……?誰がぁ?
ころん
あなたとるぅとくん
あなた
ぷっww何?w私とるぅとくんが付き合ってると思ってんの?w
ころん
え違うの?!
あなた
あそっか〜ころちゃんに言ってなかったね
ころん
ん?何?
あなた
私とるぅとくんさ,義理の兄弟なんだよ
ころん
ふーん……………は?!?!
ころん
えまじ?!
あなた
うん多分ややこしくなるの嫌だったから言ってなかった気がする()
ころん
なんだ………
あなた
まぁ話逸れたけどさ……
あなた
私はやっぱりどうやってもころちゃんのことが………す…
ころん
………僕も
あなた
……………え?
ころん
僕も好きだよ
ころん
小さい頃からずっと
あなた
………嘘……でしょ…?…ポタッ…
ころん
本当はもっと早く言いたかったけどね
僕はあなたが好きなの
あなた
……………
ころん
あなた?
あなた
小さい頃から…?
ころん
そう…アメリカ行く時はあなたを困らせるだけだと思って振った
あなた
本当に…?
ころん
嘘じゃない
あなた
本当の本当?
ころん
だから本当だって笑
ころん
じゃあさこうしたら信じてくれる?
あなた
ん?何?…
chu♡
あなた
…………へ?…ボンッ//////
ころん
どう?信じる?
あなた
信じる………///
ころん
じゃあ…改めて
ころん
僕と付き合って?
あなた
…うん…!…勿論!
ころん
へへへ…これからもよろしくね
あなた
よろしく!ニコッ
ころん
…………ばーか///
あなた
へ?!なんで?!
天の川の下で僕達は


まるで彦星と織姫のように結ばれ


より一層愛が深まった


実らない苦い恋
Happy End