無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第173話

悪役になった私。 5話
―昼休み―


そっか!!皆の前で綺羅里に避けさせたら良いのか……??


え,やば……私根性から悪くなってきてる?!?!


大丈夫……だよね??


綺羅里「ww皆面白すぎw」


ジェル「いやいやw綺羅里ちゃんもだいぶやで??w」


『綺羅里!!』


綺羅里「ビクッ……」


『ちょっと綺羅里借りてもいいー??』


るぅと「僕は大丈夫ですけど……」


ななもり。「皆も良いよね??」


全員(なーくん,るぅとくん以外)「うん!!/おう!!」


『んじゃ借りるねー』


―屋上―


綺羅里「あの……」


『何。』


綺羅里「ビクッ……さ,さっきも聞いたけど…なんで私と皆を離そうとするの……??」


『そりゃ私がるぅとくんの事を好きだから』


綺羅里「じゃあ何も全員じゃなくても……」


『私がるぅとくんを好き。それ以外にもあの6人を家族のようにも好きだから』


嘘は言ってない。


皆の事は本当に好き。


だから嫌われるのは悲しいけど……


本当の家族────


綺羅里………あなたが幸せならお姉ちゃんは何も要らないわ


『さぁお喋りはお終い』


『それで?ちゃんと皆から離れてくれるの??』


綺羅里「い……嫌!あなたちゃんが皆を好きなのは分かったけど」


綺羅里「皆はそんな間違ってる好きはめ,迷惑だと思うんじゃないかな……ッ」


うんごもっともって感じ()


『ふぅん……黙って言う事を聞けないんだ』


『じゃあ……』


グイッ((胸ぐら


『痛めつけてあげる(耳元)』


綺羅里「……ッ………」


ごめん……綺羅里


ブンッ











































クラスメイト「綺羅里ちゃんッッ!!!」


グイッ


綺羅里「?!……」


クラスメイト「あなたちゃん何してんの?!」


クラスメイト「今度虐めてるの見つけたら……皆にも先生にも言うからね」


トンッ(肩


ドスンッ……


クラスメイト「行こ綺羅里ちゃん」


ガチャッ……バタンッ


『…………ふぅ』


流石にやっぱ悪役を演じるのは身構えとかないとだから疲れる……


さぁそろそろ皆に嫌われに行くか


明日。明日成功すれば私の居場所は無くなって……


その枠が綺羅里に当てられるだろう……


クラスメイトちゃん達にも言っとかないと