無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

«3»絆
ころちゃんだった
ころん
ころん
あのモブ子って子の髪切ったのあなたじゃないでしょ?
あなた

えっ?

どうしよう…ここで言っちゃった方がいいのかな…?
でも、ころちゃんに迷惑かけたくないし……
あなた

………

あなた

別にころちゃんが思う様に考えて

あなた

じゃあね

バタン




最後に見えたころちゃん………凄く悲しそうな顔をしてた




あぁ…私って駄目だなぁ




好きな人にあんな顔させるなんてな
あなた

はぁ…

ピンポーン
あなた

また誰か来た

ガチャッ
あなた

はぁーい

さとみ
さとみ
あなた…お前嘘ついてるだろ
あなた

えっ?な、なんで?

さとみ
さとみ
ほら、耳触った
あなた

え…

さとみ
さとみ
あなたは嘘ついてる時いっつも耳触ってるんだから
あなた

……………

さとみ
さとみ
それにあなたはころんの事「青山くん」なんて呼ばないでしょ?
あなた

…う、ん

さとみ
さとみ
無理しないで…ギュ
さとみ
さとみ
皆が敵になっても俺はお前の味方だから…っ
あなた

ポタッ……ポタッ

あなた

ポロポロポロ

あ…涙がどんどん溢れてきちゃうよ…




私だけが我慢してたらいいだけなのに、さとちゃんにも迷惑かけちゃった……
あなた

グスッ

さとみ
さとみ
ポタッ…
あなた

え…?

さとみ
さとみ
俺達の絆って…こんな物だったのかな…
さとみ
さとみ
こんなに簡単に壊れてしまう様な絆だったのかな……ポロポロポロ
あなた

グスッ

その後は2人でいっぱい泣いた



それから、さとちゃんに
「何かあったら言えよ」って言ってもらった
それだけで十分だ


大切な幼馴染みにもう迷惑をかけたくない
??
??
……っ