無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

“8”好き。
莉犬
莉犬
…ん……
静かに寝ていた莉犬の瞼がゆっくり開いた
あなた

莉犬…!

莉犬
莉犬
あなた……?
あなた

もう……心配したんだから!

莉犬
莉犬
えへへ…
あなた

そうだ!モブ子達もう私達の事虐めないって言ってたよ!

莉犬
莉犬
ほんと?ふふっ俺あなたの事守れた?
あなた

うん…っ…ありがとう…!

莉犬
莉犬
へへへ
本当に良かった










でも本当になんで私の為に落ちたりしたんだろ



あなた

莉犬はさ…なんで屋上から落ちたの……?

莉犬
莉犬
んーあなたの事守りたかったから!エヘヘ
………勘違いしちゃうじゃん…
あなた

ばか……

莉犬
莉犬
えぇ?!
莉犬
莉犬
まぁ守りたかったのもあるけど……
あなた

ん?

すると急に莉犬の顔がカァーっと赤くなって言った
莉犬
莉犬
…あなたの事………………だから///
あなた

なんて?

莉犬
莉犬
好きだから…///
あなた

へー

あなた

え?!

あなた

本当なの……?

莉犬
莉犬
うん……///
あなた

私も………好き///

莉犬
莉犬
……え…?
莉犬
莉犬
ほんとっ?!
あなた

うん!

莉犬
莉犬
あっ付き合って下さい!!
あなた

はい!

あなた

ねぇねぇ莉犬

莉犬
莉犬
ん?
もう暗闇じゃなくて明るい光で満ち溢れてるよ








どこにも行かないでね







お互いの為に生きようね
あなた

好き。




あなたは私のお友達
END