無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第135話

実らない苦い恋 VI
ころちゃんが引越して数ヶ月が経った


順調にさとみくんとあなたちゃんの距離は近付いてる気がする


だけどね……俺やらかしちゃったかもしんない…


もしかしたら…もしかしたらだよ?


ころちゃんとさとちゃんが好きなあなたちゃんのこと……俺も好きになっちゃったかもしんないんだ…


でもね


俺は告白なんか絶対しない


だって今のあなたちゃんの好きな人は…


























































































まだころちゃんなんだもん


俺なんかが入る隙なんて無い


悲しいけど……


俺はころちゃんが帰ってきてあなたちゃんとくっつくのを待っとくことしか出来ない


でも…そんな俺でも……


今あなたちゃんと2人っきりです


なんでかって言うと


遡ること数十分前…………
莉犬
やっほーるぅちゃん
るぅと
るぅと
もう〜遅いよお!
今日は地域の神社でお祭りが行われます!✨


ここの神社は結構大きくて有名だから毎年人が多いんだよね〜


高3の思い出として好きな人と夏祭りとか行きたかったな〜……


まぁ俺には絶対無理な話だけど!


だってあなたちゃんにはさとちゃんが居るし!


あなたちゃんはまだころちゃんの事が好きなんだし!
莉犬
結構暗いね〜
るぅと
るぅと
だってもう7時半だよ?
るぅと
るぅと
夏だからって流石に暗くなる時間だよ…
莉犬
あははそうだね!
るぅと
るぅと
あ!フランクフルト!
莉犬
あっちょっと待って!
…………………はい


はぐれました


はぁぁぁぁぁぁ…


早くない?!今来たとこよ?!
莉犬
もう〜…ついてないなぁ
莉犬
とりあえず,食べ物買いながら探すか〜……
わたあめ,いちご飴,ミルクせんべい……


その他もろもろ()
莉犬
結構食べたな〜
Lime(トークアプリ)まだ既読つかないし…
??
なぁお姉さん1人?
??
違います。友達と来てるので…!
??
友達居ないじゃん
嘘は良くないよー?
??
嘘じゃないです…!
??
良いからこっち来いよ!グイッ
うっわー手荒なナンパだなー………


って…


え?!?!


あなたちゃん?!


何ナンパされてんの?!
莉犬
しょうがない
この莉犬様が助けてやるよ
トコトコトコ


グイッ(肩を)
莉犬
ごめんね?待たせちゃった?
莉犬
いやートイレ混んでてさー
??
友達…って男かよ!?
??
チッ彼氏もちなら早く言えよ!タッタッタッタッ
あなた
あ…の……莉犬くん?
莉犬
あごめん!パッ
あなた
助けてくれてありがとう…!
莉犬くんもお祭り来てたんだね!
莉犬
どういたしまして!
莉犬
そうなんだよ〜るぅちゃんと来てたんだけどはぐれちゃってさー
あなた
あ私もさとみくんとはぐれたんだよねー
そっか……


さとちゃんと……か


駄目駄目駄目!!


莉犬!お前はさとちゃんを応援してるんだろ?!


何羨ましいとか思ってんの?!
あなた
良かったらさ,一緒に探さない?
莉犬
ほんと?!探そー
莉犬
あなたちゃんの浴衣姿めっちゃ可愛いよ!
あなた
本当に〜?ふふっありがとう
ほら,君はいつも俺が「可愛い」って言っても冗談だと思って流してる


俺は好きな子にしか「可愛い」なんて言わないのにな…


その後色んな屋台を回って…


凄く楽しかったんだ


ずっと…


ずっと……!


この時間が続けば良いのに


って思っちゃった


ころちゃん,さとちゃん


ごめんね…
るぅと
るぅと
あ!
さとみ
さとみ
あ!
るぅと
るぅと
莉犬〜!
さとみ
さとみ
あなたちゃん!
るぅと
るぅと
どこ行ってたんですか!探したんだよー?
莉犬
ごめんごめんw
さとみ
さとみ
莉犬と一緒にいたのか…?
あなた
うん!私がナンパされてるとこ助けてくれて一緒にるぅとくんとさとみくんの事探してたの!
さとみ
さとみ
なんだ〜……とりあえず合流出来て良かったな!
今さとちゃんが物凄くほっとした顔をしてた…


本当にごめん


さとちゃんとあなたちゃんの時間奪っちゃって


ずっと一緒に居たいって思っちゃって


好きになっちゃって…


ごめんね…


でも大丈夫


俺告白はしないから


当たって砕けるなんてしたくないもん


さとちゃんの事本当に応援してるからね!