無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第132話

実らない苦い恋 Ⅲ
あなたを振ってから1日が経った


昨日のことはあまり覚えていない


多分帰ってきてすぐにベッドに入って寝たんだと思う…
ころん
あ今日ってそう言えば…
さとみくんと遊ぶ日だったんじゃ…


前回を見て貰うとわかると思うんだけど


さとみくんは僕の相棒で,あなたのことを好きなんだよね


それでも僕の相談に乗ってくれてさとみくんもあなたのこと好きなのに,僕のことを後押ししてくれて…


本当に良い奴だ


だからそんなさとみくんがあなたのことを幸せにするのを夢見てる


本当は僕があなたを幸せにしたいんだけどね…


ピンポーン!!


ガチャッ…
ころん
ジェル
ジェル
げってなんやげって
ななもり
ななもり
お邪魔しまーす
るぅと
るぅと
お邪魔します…
莉犬
莉犬
ころちゃんの部屋汚!?
さとみ
さとみ
いつものことだろ
バタンッ…
ジェル
ジェル
……で
ころん
で?…
ななもり
ななもり
昨日何があったの?
ころん
な,何って?
るぅと
るぅと
隠しても無駄ですよ!ころちゃん昨日泣いてたんでしょ?
ころん
なんで知って…
莉犬
莉犬
目,真っ赤だよ?
ころん
はぁ……本当に皆にはお見通しだね
さとみ
さとみ
あなたに振られたのか…?
ころん
ううん…
ころん
昨日ね。あなたに呼ばれたの
ころん
それで…告白された
ジェル
ジェル
え良かったやん…!
ころん
良くないよ…
さとみ
さとみ
あーね…お前が今言おうとしてること言おっか?
ころん
うん
さとみ
さとみ
結局僕が引越してあなたを困らせるくらいなら…って振った
さとみ
さとみ
だろ?
ころん
そうだよ……
ななもり
ななもり
え?!ころちゃん振ったの?!
るぅと
るぅと
どうしてですか?!
さとみ
さとみ
皆わかるだろ?ころんは馬鹿が付くほど優しいからだよ…
さとみ
さとみ
自分の都合であなたちゃんに辛い思いさせたくないんだろ?
ころん
…ポタッポタッ……さとみく…ッ…
莉犬
莉犬
あーあーもうころちゃんの泣き虫〜…
さとみ
さとみ
大丈夫…お前のことは俺が1番わかってんだからナデナデ
ころん
ありがとう………あ…のさ…グスッ
るぅと
るぅと
うん?
ころん
みんな今まで相談乗ってくれたり,アドバイスしてくれて本当にありがとう
ころん
本当に意気地無しでごめん…だけどね
ジェル
ジェル
うん
ころん
これからは僕の分もさとみくんのこと応援してあげて欲しいな
さとみ
さとみ
…………は?!
莉犬
莉犬
ん?さとちゃんも好きな人居るの?
さとみ
さとみ
な,なんでおま…知って
ころん
さとみくんさ,僕のことわかってるって言ってたけど僕もさとみくんのことわかってるから
ころん
今まで辛かったよね…本当にごめん
さとみくんが好きなのに気付いたのは最近だけど…ごめんね
さとみ
さとみ
ころんの所為じゃないって…!
ななもり
ななもり
わかったころちゃんの分もさとみくんの事応援する…!
るぅと
るぅと
僕も応援します!
ジェル
ジェル
俺も〜!
莉犬
莉犬
俺も!
さとみ
さとみ
ころん……本当に良いのか…?
ころん
だって…僕はあなたのこと幸せに出来ない…
ころん
だけど…さとみくんなら僕よりも優しいし,あなたのことわかってるから
ころん
頼んだよ…あなたのこと
ななもり
ななもり
え………?
るぅと
るぅと
さとみくんの好きな人って…
ジェル
ジェル
あなたちゃんなん?!
さとみ
さとみ
そうだよ…///
莉犬
莉犬
ねぇ本当にいいの?ころちゃん
ころん
だってこんなにカッコよくて頼もしいさとみくんだよ?絶対あなたのこと幸せに出来るもん
ななもり
ななもり
そうじゃなくて…
るぅと
るぅと
ころちゃんがあなたちゃんのことを幸せにしたかったんじゃないんですか…?
ころん
そうだけど……!
ころん
そうだけどさ…僕じゃあなたのこと困らせて悲しい思いさせるだけだもん…
ジェル
ジェル
ころん……
ころん
頼んだよ?さとみくん
さとみ
さとみ
わかっ…た……ポタッ
ほら…さとみくんは絶対にあなたのことを幸せにしてくれる


やっぱり僕があなたのことを幸せにしたいって気持ちがあるけど…


外国に引越したら多分二度と会えない…
莉犬
莉犬
ころちゃん…なんか会った時よりカッコよくなったね
ころん
何?老けたってこと?やだわぁ
るぅと
るぅと
ぷっwそう言うとこ好きですよころちゃん。
ころん
愛の告白?うれしーい
ななもり
ななもり
ちゃんと連絡してね?
ころん
勿論!毎日スタ連するわ!w
ジェル
ジェル
俺もお前の声真似のボイメ毎日送るわw
ころん
辞めろ気持ち悪いw
さとみ
さとみ
てかさ,今更だけど…
ころん
ん?何?
さとみ
さとみ
ころんって英語話せたっけ?
ころん
…………………あ
本当に僕は最高の仲間を持った


確かあなたも皆と仲良かったからあなたどうしてるとかも教えて貰おうかな


この気持ちのやり場は分からないけど


いつか…日本に帰ってこれたら……


あなたに告白出来るといいな…