無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第47話

❨7❩謝る事は…
あなた

私……っ
ジェルくんに嫌いなんて嘘をついた

あなた

ごめんなさい…っ

そう言って私は勢いよくお辞儀をする
ジェルくんは黙ったままだし、私は下を向いているから表情が分からない
ジェル
ジェル
顔、上げて?
顔を上げた時ジェルくんは、少し照れくさそうに、嬉しそうに微笑んだ





あぁ…やっぱり私ってジェルくんの事本気で好きなんだな
ジェル
ジェル
俺に嘘ついたん?
あなた

う、うん……

ジェル
ジェル
なんで?
あなた

そ、それは……………

言いたいけど……これはきっと言っちゃダメな事だよな……
あなた

言えない。

ジェル
ジェル
へー
ジェル
ジェル
それって萌生美が何か言ったの?
あなた

ギクッ

あなた

べ、別に?

ジェル
ジェル
はぁ……俺、さっき萌生美にあなたに何かしたか聞いてたの
ジェル
ジェル
全部教えて貰ったから、本当の事言って?
あなた

……………………私……模部先輩に…ジェルくんに近付かないでって言われて…

あなた

冷たくしたら……ジェルくん……私の事嫌いになって私に近付かなくるかなって思って……

あなた

あんな冷たい態度とって……嫌いって言っちゃった……………

ジェル
ジェル
ふーん
ジェル
ジェル
じゃあ前々から俺の事避けてたのは?
あなた

そ、それも……言われたから…ジェルくんに近付くと……すとぷり全員痛めつけるって言ったから……した

ジェル
ジェル
そ…っか………良かった……
そう言ってはぁぁぁと溜息をついてジェルくんはしゃがむ
ジェル
ジェル
それとさ……告白の返事、していい?
遂に………振られるのか…仲良く出来るのもこれっきりだろうな………


気まづくなるなら、告白しない方がよかったのかな……


でも…!



どんな返事でもジェルくんが言うなら、受け入れるしか無いよね…



大丈夫…やれば出来るんだから………安心して…私
あなた

すぅ……はぁ…

ジェル
ジェル
俺………あなたの事…