無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

《7》SOS
ななもり
ななもり
お茶飲む?
あなた

うん…ありがとグスン

ジェル
ジェル
ほんでどーしたん?
あなた

なんでジェルくん居るの…?

ジェル
ジェル
まぁまぁ
ななもり
ななもり
言ってごらん?大丈夫だから
あなた

私っ…うわぁーんグスッ

ジェル
ジェル
よしよし
ゆっくりでええからな
あなた

私グスッるぅとくんに

ななもり
ななもり
るぅとくん?いつもみたいにるぅちゃんって呼ばないの?
ジェル
ジェル
なーくん、しー!
あなた

なんで最近敬語なの?ってグスッ聞いたら

ななもり
ななもり
うん
あなた

変に誤魔化されてグスッるぅとくんは嘘つくと笑って誤魔化そうとするから…

ジェル
ジェル
うん
あなた

それからグスッもうるぅちゃんって呼ばないでって言われちゃってポロポロポロ

ななもり
ななもり
そーゆー事か…
あなた

それで私の事嫌いだからかなって考えたらグスッ泣いちゃって

あなた

もう…仲良く出来ないのかな…

ジェル
ジェル
大丈夫
あなたはるぅとの事が好きなんやろ?
あなた

うん

ジェル
ジェル
るぅともきっと嫌いじゃないから
きっとなんか理由があるんちゃう?
ななもり
ななもり
そーだよ
るぅとくんは何か原因がないとそーゆー事言わないでしょ?
あなた

う、ん
そーだよねっ

あなた

話聞いてくれてありがとうっ

ジェル
ジェル
いえいえ
あなた

お邪魔しました!

ななもり
ななもり
はーい
ガチャッ                        バタン
それから、いつもみたいには仲良く出来ないけど、るぅとくんは泣いた事が無かったように接してくれた













中1の冬
今日はるぅとくんだけ委員会があって皆(なーくん、ジェルくん、さとちゃん、ころちゃん、莉犬、私)でなーくんの家で遊んでる
莉犬
莉犬
なんかさ、最近あなたとるぅちゃんよそよそしくない?
あなた

へっ?!そんな事ないと思うけどな…

ジェル
ジェル
そーそー、いつも通りやと思うけどな〜
ころん
ころん
なんかジェルが言ったら信用出来ないわww
ジェル
ジェル
なんでww
さとみ
さとみ
なんか合ったら俺らに言えよなあなた
あなた

うんありがとう

ななもり
ななもり
そーだよねージェルくん
ジェル
ジェル
そうそう!
ポタッポタッ







ザァァァァァァァ
あなた

うわっめっちゃ降ってきた!

あなた

あっ今るぅとくんの委員会終わる時間じゃん!

ころん
ころん
ほんとだ
あなた

朝、傘もって行って無かったよね
私迎えに行ってくる!

ガチャッ                      バタン
莉犬
莉犬
あなたは忙しいなぁww
バシャバシャバシャ
あなた

あっ傘1本しか持ってきてない!

あなた

ま、いっか♪

―学校―
あなた

あれ?途中で会うと思ったんだけどな……

<〜〜〜
<○○○!

なんか声が聞こえる…



あれ?こんな事前にも合ったよu



莉犬の時だ!またいじめが起きてるの?!
あなた

こっちから声が聞こえる…(小声)

るぅと
るぅと
カハッもう…やめてください……
??
??
やーだね♪
??
??
なんでまだあなたちゃん達といるの?
ほんとにキモイんだけどww
??
??
バシッ
あなた

…………

るぅと
るぅと
やめて…
??
??
は?やめてくださいだろ?ww
るぅと
るぅと
…やめて……ください…
「部活の癖でかな…?あはは…」
あなた

………。

??
??
あなたちゃんと馴れ馴れしくしてさ!バシッ
るぅと
るぅと
ごめ…なさっ………
「…るぅちゃんって呼ぶのやめて……」





るぅとくんは……私に…助けを求めてたのに……




必死にSOSを出してたのに……




私は自分の事に必死で……




気付かなかった……
あなた

ポタッ…

あなた

お前ら辞めろよ!

??
??
ビクッ
あなた

こんな大人数で1人をいじめてさ!

るぅと
るぅと
あなた…ちゃ…ポロポロ
あなた

なんでそんなに醜い事が出来るの?

あなた

本当にいい加減にしろよ!

??
??
ビクビク
アイツ………
あなた

お前!莉犬の事もいじめてたよな?
これ以上私の友達をいじめるな

あなた

いじめたら…わかってるよな?

??
??
ヒッごめんなさい!タタタッ
あなた

るぅちゃん…なんで言ってくれなかったの?

るぅと
るぅと
………
あなた

私を…もっと頼って欲しかったのに……

るぅと
るぅと
……とを………った……から…
あなた

なんて?