無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第75話

3話 ごめんね?
あなた

ころちy…ころんさんっ?!


あっぶねー


前世でころちゃん推しだからついついころちゃんって呼びそうになったべ


てかさ、さっきから思ってたんだけど今の私のドレス推しカラー(水色)やないかぁぁぁぁい!!


嬉しすぎて禿げそうなんですけどもぉぉぉぉお!

ころん
ころん
あ、あんたか

うわぁぁぁぁ(´;ω;`)


あんたって言われたよぉぉぉぉ(´;ω;`)


あ、そっかころちゃんは私がお嫁さんになるの反対派だった気もしなくもない←え


てかさぁぁぁぁ!


ころちゃんの服カッコよすぎん?!


なになになになに?


苺の王子様意識した?((


あ、そっか本当の王子なんだった()

ころん
ころん
何?さっきからずっと部屋の前でうるさいんだけど
あなた

え、と…ですね……

ころん
ころん
僕と話して来いって父さんに言われた?それなら、僕あんたと話さないから
あなた

え…っと……


やばいやばいやばいっ!!


推しにこんな事言われる日が来るなんて…(´;ω;`)


負けるな私っ!

ころん
ころん
早く喋ってくんない?

好きな人(推しとして)にこんなん言われたら泣きそうだよぉ(´;ω;`)


どうしよう…

ころん
ころん
話さないなら、僕パーティ行かないといけないから

あ、そっかころちゃんも誘われてんのか( ˙-˙ )


一緒に連れてってもらお

あなた

あ、の…

ころん
ころん
何?
あなた

私も…

ころん
ころん
なんて?
あなた

私もそのパーティに行くんですっ!!

ころん
ころん
ふーん…で?
あなた

一緒に(玄関まで)連れていって貰えませんか…?

ころん
ころん
あのさぁ、そんなにアピールしてなんになるの?!

いや、アピールしてまへんで?
あなた

アピールしてないですよ…?

ころん
ころん
いや、僕と結婚しようとして一緒に行こうとしてるんでしょ?
あなた

いや…結婚しようとは………


思ってなくもないかもぉぉぉぉ(´;ω;`)


推しだよ?!


デデン


しょうがないじゃん
推しだもの あなた


いや相田み〇を風にやってる場合じゃないわ

ころん
ころん
思ってなくも僕の近くに近寄らないで欲しい
あなた

え…

ころん
ころん
天然っぽく振舞ってさ
そんなにもして、女王の座欲しいの?
あなた

いや…


なに、私の推しは誤解をしてるんすか!
ころん
ころん
本当に目障り
あなた

ポタッ

ころん
ころん
泣いた真似でもして、騙そうと思ってんの?馬鹿じゃない?
あなた

……………んは………………います

ころん
ころん
なんて?ちゃんと喋って?
あなた

ころんさんはまず、人の話をよく聞いた方が良いと思います!!

あなた

ずぅーっと誤解したまま私に怒って、挙句の果てにはほとんど悪口じゃないですか!!グスッ

あなた

そんなにも、私が邪魔者なんですかっ!
迷ったから道教えて貰おうと思っただけで、なんで怒られないといけないんですか!

ころん
ころん
え…あ………ちょっ…
あなた

あ……


完っ全にやらかしたぁぁぁぁ(´;ω;`)


お、推しっ…推しに嫌われちゃうぅぅぅ(´;ω;`)

あなた

あっ…あっ…本当にごめんなさいぃぃぃい!


私はさっきころちゃんに悪口言われた事と、ころちゃんに大声を出して怒ってしまった罪悪感で泣きながら、その場で土下座をした
ころん
ころん
えっちょっ…僕こそごめんっっ!

頭上から聞こえたころちゃんの声はさっきの怒った低い声とは違って、配信でよく聞いた優しい声だった
ころん
ころん
僕達って王子だから、よく女王の座だけ目当てに近付い来る女が多かったから君もそうかと思って…

あんた呼びじゃなくなったぁぁぁぁ
キタァ━━━━━━(n'∀')η━━━━━━ !!!!
ころん
ころん
だから…ごめんね?
あなた

いやっこちらこそ、本当にごめんなさいっ!

ころん
ころん
とりあえず顔上げて?
あなた

あ、はいっ

ころん
ころん
えーっとあなた?だっけ?
あなた

ひっどい!覚えてくれてないんですかっ!

ころん
ころん
ごめんってぇ〜
僕はころん
ころん
ころん
ころちゃんとか、ころんくんって呼んで?
あなた

ん、ころちゃんよろしくお願いします

ころん
ころん
あと、敬語もなしね
あなた

え…でも…

ころん
ころん
それであなたはどこに行きたかったの?
あなた

あ、そうだ玄関っ!玄関に行きたいの!

ころん
ころん
あ〜あなたもパーティ?
あなた

うん!

ころん
ころん
てかさ、ドレス似合ってる…///
あなた

えほんと?ころちゃんも似合ってるよ!

ころん
ころん
あなたに言われても嬉しくないわーww
あなた

酷っっ!


とか、言いながらころちゃんの耳が赤くなっているのに気付いているのは内緒