無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第84話

Halloweenの思い出 1話


─ねぇ…また会えるよね?─


─絶対会おうな─


─また一緒に遊ぼう─


─あなたちゃんの事、来年も待ってますからね─


─また同じ場所で会おう─


─合言葉は……─





























































































すとろべりーはろうぃんないと…
あなた

ん〜

あなた

ふわぁもう朝か…


私はあなた


この苺街六町目に一人暮らしをしてる


この街は三度の飯より行事ごとが大好き


特に力を入れているのは






































ハロウィン。


そうハロウィンでは毎年街の人全員が仮装をして、広場に集まりお菓子を交換する


元々苺街は山と海に囲まれてるから町民は少ない


知り合いしか居ないようん。


それでハロウィンの話だけど、たくさんの噂があったりなかったり…


毎年ハロウィンの世界から6人の王子が人間に化けて来ているとか…


街の中の1人がハロウィンの世界の女王だとか…


ハロウィン以外で苺街の聖地“魔の森”には入った人は帰ってこられないだとか…


まぁ正直、6人も来てたら気付くと思うし、まずまずハロウィンの世界なんて存在しないだろう


魔の森に入ったら帰れないはどうせ迷うと危ないからだと思うし


まぁとりあえず全部“非”現実的ってことだようん。