無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第70話

〖10〗もう1つの症状
no-side








医者でもわかっていない歌声喪失病のもう1つ症状それは…






歌い手ぐぅが心配したケースの






発症した者と関係がある者の発症した者との記憶がなくなってしまう事だ
















あなたちゃんが消えてしまったあと、すぐにこの世界全体が突然眩しく光だし、歌い手ぐぅの存在を知っている者の記憶から「ぐぅ」または「あなた」という存在が消されてしまった



ころん
ころん
ん、ふわぁ〜
ころん
ころん
あれ?なんで僕達ライブ中に寝て………いった!!なんか頭痛い…
ころん
ころん
と、とりあえず皆を起こさないと…
ころん
ころん
なーくん…
ななもり
ななもり
ん……?
ななもり
ななもり
なんで俺達寝て……なんか…頭痛い…
るぅと
るぅと
ふわぁ……おはようございます…
さとみ
さとみ
ん…おはよ……なんか頭痛がする…
ジェル
ジェル
おはようさん
莉犬
莉犬
ジェルきもい

あれ?私ライブ中に寝ちゃってた?!

やばい…すとぷりも寝起き……?

キャーーー!!すとぷりの寝起きよぉ♡
ジェル
ジェル
(なんか……大切な事を忘れてる気がする…)
るぅと
るぅと
(……忘れちゃいけない人を忘れちゃっている気が…)
莉犬
莉犬
(誰か……凄く大切な人が居た気がする…)
ころん
ころん
(なんだろう…この心にぽっかり穴が空いたような感じ…)
さとみ
さとみ
(俺達に必要な人が居た気が……忘れちゃいけない人、凄く大切な人…)
ななもり
ななもり
(……俺はうっすらと記憶している…「メンバーを任せたよ!」って誰かに…)









ななもり
ななもり
さぁ!始まりましたすとろべりーぷりんす・・・・・・・・・・公式生放送!



もうこの世界に相川 あなた、歌い手ぐぅの存在を知っている者は居ない…
















桜のように歌声は
END