無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第66話

〖6〗ずっと…

ふぅ……今日は待ちに待ったライブです!


今日は最高の1日にしたいから病気のことは出来るだけ考えないようにしたいな


今日で最後なのか…


いやいや……考えちゃだめ!


今はリスナーさん達を楽しませることに集中しないと!


〈ご注意〉
作者はライブに行ったことがありません。
想像で書いています。本物と違っていると思いますが、温かい目でご覧下さい。




大丈夫…歌詞は全部覚えてるし…大丈夫……大丈夫


扉の向こうでモニターのカウントダウンの音が始まる


リスナーさん達の声が聞こえる…


“3”







“2”























“1!!”



1番初めの曲をメンバー全員で歌い出す
莉犬
莉犬
〜♪
るぅと
るぅと
〜♪
ぐぅ
〜♪

歌える…!


本当に今まで出せなかったくらい透き通って、そして力強い歌声が出る


嬉しい……!凄く嬉しい!


リスナーの皆に私の声が届いているかな


私の…ううん私達の“最高”の歌声が皆に届いて欲しい









もう……最後の歌が終わっちゃったよ…


嫌だ…まだ皆と居たい……


嫌だよ……
ななもり
ななもり
ここで…ぐぅちゃんからお知らせがあります
ぐぅ
はい

皆に…打ち明けないと……


……もうそろそろ…日が暮れるのかな…



























ずっと……過ごしたかったな…