無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

32.傘


パラパラパラ



あなた
はっ、えっ?!
夏油 傑
雨だね
夏油 傑
傘差さないと…


傑と散歩してたら突如降ってきた雨


そして私は傘を持っていない…!

あなた
………
夏油 傑
…傘無いのかい?
あなた
うん
夏油 傑
入る?
あなた
…ありがと



パシャパシャ



少し水溜りのできた地面を歩く





そして傑の傘に入った


あなた
あ、
夏油 傑









これって、俗に言う相合い傘では……?!



















あなた
わーお
夏油 傑
いやだからどうした
あなた
ね、ね!傑これって相合い傘だよ
私初めてだわ
夏油 傑
へ〜
あなた
……傑っていつもそんなのだっけ
あなた
なんか悟みたい
夏油 傑
そんなことないよ(^^)
あなた
ふ〜ん
夏油 傑
あなたは……いつもこんなか
あなた
酷いね〜w




































〜〜〜〜


作者
作者
まさかの『んな事どうでもいいから更新早く』が2番とは…w
五条 悟
今回出番無かった
家入 硝子
アンタ名前出てたじゃん
家入 硝子
私名前すら出てこなかったんだけど
作者
作者
ハイ、今回はそういう回なので…
夏油 傑
そういってネタが無いだけだろう?
作者
作者
エッ=(○∆○;)⇒グサッ!!
家入 硝子
いっつもネタ無くて5分位携帯とにらめっこしてるもんな
作者
作者
ウグッ=(>∆<;)⇒グサッ!!
五条 悟
そろそろネタ無くて頭がパンクしそうなんだろ?w
作者
作者
ガハッ=(>∆<;)⇒グサッ!!
作者
作者
ワーー!・゜・(つД`)・゜・
あなた
きも
作者
作者
👼チーン
家入 硝子
勝った






























誰かネタを下さい…