無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

LINE




あなた

おいソヨン

ソヨン
ソヨン
なんだい
あなた

お前、おんにに言っただろ

ソヨン
ソヨン
あれが私の言った協力するってこと😉
あなた

どこがよ

ソヨン
ソヨン
おんにから情報貰えるよ







あ、たしかに。




ついさっきもアジュンがおっぱのことを好きなの教えてもらったしな
あなた

ソヨンこまうぉ

ソヨン
ソヨン
へい
















次の日




今日は朝から廊下でテヒョンおっぱにあった。




でもその隣には一緒に歩いてる女の人がいた




















アミおんにだった






















アミおんには同じ部活でテヒョンおっぱと同じクラスの人

可愛くてすごくもてるって聞いたことがある






でもぶりっこで有名で後輩からは好かれていなかった



あ、同じ学年の先輩からもね😃























向かってくるふたりの方から話し声が聞こえてくる




何かの話で盛り上がっている








あみ
あみ
私は好きだよ-💕
テヒョン
テヒョン
俺も!!!好き!!!






こんな会話が聞こえてきた














は?好き?






















どういうこと