無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第11話

9
テヒョンside

















今日の朝俺はあなたとすれ違った























でもあいつは俺の方を見てくれなかった







俺はあみと二人であるいていた






嫌なところ見られたな…



勘違いされたら嫌だな


なんで俺を見てくれなかったんだ


なんであなたのことを考えると苦しくなるんだろう


















あれ、なんで俺こんなにあなたのこと考えてるんだろう


















ジミン
ジミン
テヒョナ!!!!!!
テヒョン
テヒョン
!?
ジミン
ジミン
ずっとテヒョナのこと呼んでたのに!!!
テヒョン
テヒョン
あ、ごめん  
気づかなかったや
ジミン
ジミン
なんかいつもと違う
どうした?












ジミナ、勘よすぎ








先生) 授業始めるぞ
    席につけー



一時間目の授業が始まった
















英語だったけど、唯一苦手な教科だ


















ボーッとして窓を見ると、










あなたたちのクラスが体育をやっていた


















俺は不思議とあなたの姿を目で追ってしまっていた
















先生) おい、テヒョン
    窓ばっか見ないで授業聞け
    あ、じゃあ今やっているところの
    英文読んでくれ。











やべ。窓ばっか見ててどこやってるかわかんねぇ






授業後
ジミン
ジミン
お前が授業中にあんなこと言われるの珍しいなw
テヒョン
テヒョン
あー、うん
ジミン
ジミン
体育見てたのか?
テヒョン
テヒョン
え、いやいやいや違う!!
ジミン
ジミン
あなたちゃんとかソヨンちゃんとかいるクラスだよな
テヒョン
テヒョン
うん。
ジミン
ジミン
やっぱり見てたんじゃんw
テヒョン
テヒョン
あ、。
ジミン
ジミン
お前さ、自分で気づいてないの?
テヒョン
テヒョン
なにを?
ジミン
ジミン
あなたちゃんのこと好きなの
テヒョン
テヒョン
え、いや、俺、好きじゃない!!!
ジミン
ジミン
俺、後ろから見てたけどずっとあなたちゃんのこと目で追ってたよ
ジミン
ジミン
自分の気持ちに素直になれよ

















まさか。













俺があなたのこと好きなのか?






















俺が人を好きになるなんて有り得ない

















でもこんな気持ちはじめて。






































俺、あなたが好きだ。