無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

2
え、なに。あの人の笑顔。




やばい。。。



















一目惚れだ










あなた

ねぇ、そよん???

ソヨン
ソヨン
ん?
あなた

さっきぶつかった人、名前なんて言うの??

ソヨン
ソヨン
えっとね、あ、
テヒョン って人
3年の。
あなた

へーー、。

ソヨン
ソヨン
え、なんで?
あなた

あ、いや、別に。。

ソヨン
ソヨン
ふーん。









テヒョンさんか。
かっこよかったな。。
優しそうだったし。









ソヨン
ソヨン
あの人さ、すごい頭いいよ。
テストだといっつも10以内。
あなた

あ、そうなんだ。

ソヨン
ソヨン
だから、ばかなあなたは好きにならないほういいよ。
あと一年でお別れでしょ?
同じ大学なんて行けるわけない。
あなた

え⁉なんで私がテヒョンさんのこと好きな設定なの⁉

ソヨン
ソヨン
あなたの顔見たら分かるよw
分かりやすいw
ソヨン
ソヨン
何?一目惚れ?
あなた

いや、あ、うん。

ソヨン
ソヨン
へぇー。どこが。
あなた

笑った顔がすごく優しいなって思って。

ソヨン
ソヨン
そっか。私は応援するけど、あなた、あの人となんの関わりもないでしょ?
あなた

うん…

ソヨン
ソヨン
あと1年だよ?
あなた

分かってる。
でも私なりにやることはやるから。

ソヨン
ソヨン
分かった。じゃあ私も全力で応援するよ





















そういって、私の恋は始まった。



これから感じる過酷さも知らずに。