無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

4


おっぱ呼び?
いいよ。









だけだった。





ねぇ、もっと何か書いてあると思った私が馬鹿だったんですか。









でもおっぱ呼びを嫌がらずにOKしてくれるだけでも嬉しいや


















テヒョンside




テヒョン
テヒョン
ねえ、じみなーー
なんか入ってたよ
ジミン
ジミン
何これ。手紙?
テヒョン
テヒョン
2年のテニス部の子から、好きですって来た
ジミン
ジミン
!?!?
テヒョン
テヒョン
で、おっぱ呼びいいか?って。
ジミン
ジミン
いいって書いてあげろよ
テヒョン
テヒョン
そうするけどさ、この子誰だろ…
ジミン
ジミン
俺、2年のテニス部の子だとあなたちゃんかソヨンちゃんしか出てこない
テヒョン
テヒョン
誰?
ジミン
ジミン
あなたちゃんはお前が前にぶつかってた子
ソヨンちゃんはその近くにいた子
テヒョン
テヒョン
へぇー。
なんでそんなに知ってるのw
ジミン
ジミン
だって、あのふたりはすごいかわいいってみんなが言ってるしw
テヒョン
テヒョン
そうなのか。








まあたしかにあなたちゃん、二重で睫毛長かったな。←どこまで見てんだよ







かわいかったな。










ジミン
ジミン
とりあえず俺は二人のどっちかだと思うな
特にあなたちゃん
テヒョン
テヒョン
分かった。








あなたちゃんかぁ。