無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

4,969
2020/05/14

第14話

木全翔也,2
予備校があるから部活に出ずに早く帰る日だった。
すると後ろから足音がして、
翔也
翔也
あの、すみません!これ!
木全くんの登場に驚いてしまって言葉が出なかった。
渡されたものは
You
You
…湿布……?
翔也
翔也
あの、足引きずっているのが見えたんで
You
You
あっ、この足は昨日痛めたんです。階段から落ちて。
大丈夫です、と言って湿布を返す。
翔也
翔也
大丈夫ですか、どちらにせよ貼ってください!
もう一度私の手に戻ってきた湿布。
You
You
じゃあ、家に帰ってちゃんと貼ります。
翔也
翔也
今日はすみませんでした
You
You
いやこちらこそ
翔也
翔也
じゃあまた今度。
今度。
話しかけてもらえると、期待してもいいですか。
You
You
はい、さよなら
校門に向かって歩き出す。
こんな湿布勿体なくて使えないよ……
翔也
翔也
あの!やっぱり心配なんで家まで送ります。
You
You
え、
翔也
翔也
家どこですか?
You
You
あ、あっち……
翔也
翔也
はい、行きましょう。
優しいなぁ……
いつもはあんなに暇な帰り道も
すごく短く感じて、、、


幸せな時間だったな