無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

6,185
2020/05/14

第16話

木全翔也,4
翔也
翔也
今年で2年かぁ〜。僕の唇の形、もう覚えた?
キスしながら聞いてくる。
You
You
覚えてるわけないでしょ
翔也
翔也
じゃあ覚えるまでやるね
You
You
いやけっこうです……
ちぅ〜))
いや長い長い。
翔也
翔也
ほら覚えて、来週テストするよ
テストってどうやってするつもりなんだろう。
やっぱアホだなぁ、なんて。
You
You
ねぇキス以外のしようよ〜
翔也
翔也
あっあなたもエッチな気分になってきたんだ
ニヤニヤ笑う彼に腹が立ったから舌を入れてやった
翔也
翔也
んッ、
You
You
ふぅ、レロ、
目をつぶった彼がエロい。
綺麗なんだよね。
舌は絡まったまま下の方に手を入れられる。
出し入れされる指。


それだけでも気持ちいいのにその上の小さな突起を舐められる。



You
You
んふ、アッ
翔也
翔也
そろそろいいかな、
彼の両手が私の足を開く。
そろそろ入れられるかな、と思っているのになかなか入ってこない。
見ると私のソコを見つめる彼。
You
You
ねぇ、恥ずかしい……
翔也
翔也
溢れてるね、あなたのエッチな汁が
You
You
いいから早く入れてっ
翔也
翔也
しょうがないなぁ(笑)
少しずつ。

本当に少しずつ入って来る彼。
もどかしくて腰が動く。
翔也
翔也
もう腰動いてるん?
You
You
ひゃっ!あっ


勢いよく入ってきたからイってしまった。
翔也
翔也
……あなた可愛い好き
You
You
んんっ
可愛いって言いながら動くのは反則だと思う。


いつもより感じてしまう。


ズチュズチュ))
優しいキスと反対に彼の腰の動きは速くて少し苦しそうな彼の表情にまた更に興奮してしまう。
無意識に彼の顔に手を伸ばしていた。


You
You
んっ、あっ
その手を剥がされ、恋人繋ぎになる。
翔也
翔也
あっ、はっ
You
You
んんッアッ
2人の息遣いが荒くなって、絶頂を迎えそうなのが分かる。
翔也
翔也
んっああっ
You
You
ああっ、イクっイクっ
翔也
翔也
くっ、僕も、出そうっでるっ
彼にギューって抱きしめられる。




こんなやさしくてイケメンな彼氏に抱きしめられているって、私幸せ者だな……