無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

607
2019/06/14

第6話

6
(海人side)


あなたと一緒にねーれーる!
あなたと一緒にねーれーる!
あなたと一緒にねーれーる!












嬉しすぎる!!























「かいとの部屋で寝るの?」

『うん!!!』



2人で部屋に入る



























俺はベッドに寝転がった























「じゃあ床で寝るね!」

『なんで!』

「だってかいとのベッドなのに狭く感じちゃうでしょ??」

『いーの!一緒に寝よ?』

「でも…」

『じゃあ俺も床で寝るよ?』

「かいとはだめだよ!」

『じゃあ一緒に寝よ??』

「いいの?」

『うん!』

「しつれいしまーす」

『はーい』























あー、幸せ

























この狭い空間の中に2人とか…😏😏
























「かいとっ!眠いからもう寝るね?」

『えー、でも睡眠は大事だもんね!いいよ!』















「zzz…」























寝るの早笑

























ぎゅーってしてもいいかな???ダメかな??バックハグ的な感じで…






















「んん〜…か…い…と…」











こっち向いた!俺の名前呼んでるし!まって、寝顔可愛すぎる!!理性保てない…

















もういいや!!



















ハグしちゃえ!!!!!
























あー!!!もう最高!!!





















『あなた、おやすみ…』


























『好きだよ(ボソッ)』






















え、え、え、俺なにいってんだ


















え、