無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

(♛)sho hirano


今日も帰りが遅い彼は________。










私を子供みたいにあつかう。









紫耀「ちゃんといいこにしてた??」






紫耀「(頭ポンポン」






あなた「うん…ねえ、紫耀…(上目遣い」






紫耀「ん?」







あなた「ね~えっ…(袖掴」








紫耀「なあ(ベッドに倒す」








あなた「へ…?? 紫耀…??(目がとろーん」








紫耀「そーんな可愛い目でみられたら襲っちゃうから。」









あなた「えっ…でも…///」







言い返そうとした時にはもう遅くて、




紫耀は私の口を塞ぐように、




深くて、気持ちいいキスを落とす。






あなた「んんっ…////」






紫耀は舌を絡め、息を吸わせてくれない。







あなた「ぐ…るじ…っ////」








紫耀「あっ、ごめん笑」



























紫耀「このままヤってい?」








あなた「でも私はじめてだし…」





紫耀「はじめてだし?」






あなた「こわい…(見詰」





紫耀「可愛すぎんだよ…///」




あなた「そんなことないしっ笑」




紫耀「もう我慢できない」




あなた「えっ…!?////」




紫耀は私のスカートから、順番に脱がしていく。



あなた「恥ずかしい…///」





紫耀「あなた濡れすぎ」





あなた「んん~!!///(顔膨」





私の反抗は無視。


紫耀の指は2本、三本と私の中に入ってくる。


つい声が抑えられなくなって、



あなた「ぁんっ…//// しょ…おっ…/// なんかっ…くるっ…//// んァんっ…!////」





紫耀「それイクってゆーの。」





そう言うと、びっちょびちょの中に



彼は自分のものをいれてくる。





あなた「ぁぁんっ…!!!!//// い…いたい…////」



紫耀「気持ちよくしてあげる。ごめん」





あなた「しょお…っ////」






紫耀「あなた締めすぎっ…///」





あなた「んぁぁっ…///」






紫耀「(チュ」





あなた「んっ!?////」






紫耀「このままずっと一緒にいてな」






あなた「すき…っ…////(呟く」





紫耀「なに?きこえん笑」






あなた「だから~っ。…すき///」








紫耀「/////」







紫耀はゆっくり下を抜き、














その夜はそのまま寝落ちした_______ 。