無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

125
2021/07/03

第3話

10センチ
私達が中学3年生の受験生になったとき、

クラス内は受験でピリピリてしいた

中には推薦で高校に行ける人もいる

私もロボロも推薦をもらい、行けることが決まったので

勉強しなきゃなんて思わなかった

でも、苦手なとこを一緒に勉強したりしている
ロボロ
あなた、ここの文法って、なに?
あなた
あー、そこは、〇〇だから〇〇だよ
ロボロ
ありがとう
あなた数学わかる?
あなた
う、うーん…
逆にわかるとでも?
ロボロ
強がんなよ!
あなた
www
すんません、
ここ、教えて!
ロボロ
ここはなー〇〇やから、〇〇なんやで!
わかった?
あなた
うん!
ありがとうロボロ!


大好き同士だったけど、付き合わなかった
これがロボロと私の距離身長10センチの思い出