無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

4月ー6年生になった

5月ー優しいけど見た目が怖い…

6月ー話せるようになれたかな。

7月ー彼は水がカナヅチみたい。意外だな〜。

8月ー夏休み。会えなくなっちゃったね。

9月ー変な噂が流れてる。彼と私の親友が5年の時から付き合ってるって。

10月ーいつも長袖の彼。半袖着る時ってあるのかな⁇

11月ー恋敵ができた。どうやら彼は恋敵が嫌いらしい。

12月ーフードがついたトレーナーをよく着る彼。いつも黒い服にGパン。全部違う服だけど。

1月ー寒いのが厳しいね。初めて隣の席になれた。『来月と再来月の席替えも隣にしよ。』って言ってくれた。彼、彼女と別れたって。

2月ー同じ黒いフードが付いたトレーナーにデニムのズボンとスカート。そんな双子コーデが週2であったね。バレンタインの日も双子コーデで放課後チョコを渡したよ。『もしも好きって言ったら⁇』って聞いたら『その時に答えてやるよ。』だって。期待するじゃん。

3月ー彼の言った通り私たちはずっと隣の席だった。そして、卒業式。4年生の時から問題児扱いだった彼。随分普通になったよね。私、いつも先生に『お前がいるからあいつが普通になれたんだ』って言われた。そっか。私、彼の力になれたんだね。そのことで泣いたら彼に『泣くなよ』って頭を撫でられた。嬉しかったな。

4月ー中学生。クラス、離れちゃった。でも毎日遊びに来てくれる。

5月ー彼が来なくなった。LINEでは話すけど面と向かって話すことなくなっちゃったな。

6月ー毎日やってたLINEも途絶えた。もう私なんて眼中にないのかな。

7月ー私が学年伴奏のピアノのオーディションに受かった‼︎彼はいち早く来て結果は⁇と聞いてくれた。『受かっちゃった…』って言ったら『頑張ったな。おめでとう。』って言ってくれた。あの時みたいに頭を撫でることなんてしてもらえない。と思ったら階段ですれ違い際に一瞬手を握ってくれた。あったかくて大きな手だった。



1年ちょっとで彼のことをたくさん知れたよ。