無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

さすが消防官
あなたside




第8特殊消防隊に行くには電車に乗るらしい

今、アーサーさんと一緒に駅に向かってる
(なまえ)
あなた
わ、わ…!!
人が多くなってきて人混みの中に埋もれてしまった
(なまえ)
あなた
あ、アーサーさんッ!!

そう呼びかけるとアーサーさんはすぐに振り向いてこっちへ向かって来た
(なまえ)
あなた
えっ///?!
こっちへ向かってきたと思ったら…



いきなり手を繋いできた---
(なまえ)
あなた
あ、アーサーさん///??
アーサー
アーサー
はぐれたら大変だろ
(なまえ)
あなた
は、はい…///
アーサー
アーサー
もうすぐ電車が来ちゃうぞ!!急ごう!!
(なまえ)
あなた
はいっ!!
アーサー
アーサー
走れるか?
(なまえ)
あなた
は、走れます!
そう言って私たちは手を繋いだまま走り出す


てかアーサーさん足早すぎません?!

手を繋いでなかったら完全に置いていかれてましたわ

~無事駅に到着~
(なまえ)
あなた
はぁはぁはぁ…
アーサー
アーサー
大丈夫か?
(なまえ)
あなた
だ、大丈夫です…!!

てか、アーサーさん息入れてないんですけど!?

さすが消防官!!体力あるんだな…

なんて思っていたら電車がきた
(なまえ)
あなた
わぁ、めっちゃ混んでますね
アーサー
アーサー
そうだな…
アーサー
アーサー
さぁ、乗ろう
(なまえ)
あなた
ですね…!!

私たちは繋いでいた手を離し電車に乗った


このあとあんなことが起きてしまうなんて…!!



NEXT.