無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

アーサーさん助けて
私たちは電車に乗った


案の定混んでいて座れない

2人でつり革につかまって立つことにした

そして電車が走り出した

🚃ガタンゴトン
(なまえ)
あなた
…?!?!
太ももに何か触れたような気がした…
(なまえ)
あなた
(気のせいかな…)
(なまえ)
あなた
っ…!!!
やっぱ気のせいじゃない…!!
(なまえ)
あなた
(助けて…!!)
必死で隣にいるアーサーさんにアピールする
アーサー
アーサー
…?
やっと気づいてくれた…!!
私は必死に目で伝える
(なまえ)
あなた
っ!!!
また太ももを触ってくる
(なまえ)
あなた
(誰か助けて…!!)
私の目は少し潤んでいる
アーサー
アーサー
…おいお前何してんだよ
ガチトーンの低音ボイス⤴︎ ⤴︎


NEXT.