無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第56話

微笑み
俺は急いであなたの声が聞こえた方へ走った
アーサー
アーサー
そこには服を脱がされそうになっているあなたが居た
アーサー
アーサー
おいお前…!!
俺は急いでそう言った
すると…
(なまえ)
あなた
アーサー…!!
あなたは驚いたようにこちらを見ている
アーサー
アーサー
その人から手を離せ
そう言うとその男は
呆れたようにこの場から去っていった
するとあなたは腰を抜かしてその場にしゃがみこんだ
俺はあなたの元へ駆けつけた
アーサー
アーサー
大丈夫か?
(なまえ)
あなた
なんとか大丈夫です…
あぁ、もっと早く来ていれば良かった___。
アーサー
アーサー
早く来てやれなくてすまなかった
(なまえ)
あなた
いいえ、助かりました
(なまえ)
あなた
ありがとうございます
そう言ってあなたは微笑みかけてくる
こういう所が反則なんだ…///



アーサー
アーサー
立てるか?
俺はあなたに手を差し伸べる
するとあなたはその手を掴んで立つ
俺は思わずその手を握った
アーサー
アーサー
帰るぞ
(なまえ)
あなた
はい!!


俺たちは手を繋いだまま第8まで一緒に帰った---



NEXT.