無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

第8特殊消防隊の家事担当
(なまえ)
あなた
ニコッ
アーサー
アーサー
ふッ///
森羅
森羅
(かわいすぎんだろこの子///)
(なまえ)
あなた
お礼として何か私に出来ることないですか?
(なまえ)
あなた
少しでもみなさんの役に立ちたいです!
桜備大隊長
桜備大隊長
あぁ、気持ちはうれしいg…
森羅
森羅
大隊長、俺に考えがあります
桜備大隊長
桜備大隊長
なんだ森羅、言ってみろ
森羅
森羅
君、名前は?
(なまえ)
あなた
あなたです!
アーサー
アーサー
(あなたか、かわいい名前だ)
森羅
森羅
あなたさん家事とかできますか?
アイリス
アイリス
急にどうしたんですか?森羅さん
(なまえ)
あなた
あ、家事ならできますよ!!得意です!
森羅
森羅
ほんとですか?!
森羅
森羅
なら第8に来てもらって家事をしてもらうっていうのはどうですか?
桜備大隊長
桜備大隊長
まぁいい考えではあるが…あなたさんの負担が大きいのではないか?
(なまえ)
あなた
私なら大丈夫ですよ!!家事は好きですから!
森羅
森羅
あなたさんもこう言ってますし、火縄中隊長の負担も減らせるんじゃないかなって
火縄中隊長
火縄中隊長
あぁ、料理当番を変わってもらえるのはすごくありがたいな
アイリス
アイリス
じゃあみなさん、あなたさんを第8に招待するということでよろしいですか?
森羅
森羅
はい!
火縄中隊長
火縄中隊長
あぁ
桜備大隊長
桜備大隊長
俺も賛成だ
アーサー
アーサー
ふッ
アイリス
アイリス
私もです!
茉希
茉希
もちろん私も賛成よ!


こうして私は第8特殊消防隊の家事担当として招待されることになった




NEXT.