無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第54話

手繋ぎ
(なまえ)
あなた
やばいバレた---
そう言ってその男は私の服に手を伸ばしてくる
え?私、脱がされるの?!
(なまえ)
あなた
や、やめてください…!!
そして私の着ているブラウスのボタンをナンパ男が外そうとしたとき…
アーサー
アーサー
おいお前…!!
この声は…
(なまえ)
あなた
アーサー…!!
アーサーの息は少し切れていた
走って探してくれたのかな…?
アーサー
アーサー
その人から手を離せ
そう言ってそのナンパ男は私達の元から去っていった
安心した私は腰をぬかしてその場にしゃがみ込んだ
そうするとアーサーはこちらに駆け寄ってくる
アーサー
アーサー
大丈夫か?
(なまえ)
あなた
なんとか大丈夫です…
アーサー
アーサー
早く来てやれなくてすまなかった
(なまえ)
あなた
いいえ、助かりました
(なまえ)
あなた
ありがとうございます
アーサー
アーサー
立てるか?
そう言ってアーサーは私に手を差し伸べる
私はその手を掴み立ち上がる


するとアーサーはその手を握ってくる
アーサー
アーサー
帰るぞ
(なまえ)
あなた
はい!!
私達は手を繋いだまま第8まで一緒に帰った----


NEXT.