無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

顎クイ
アーサー
アーサー
どういうことだ森羅
森羅
森羅
そのまんまだよ
アーサー
アーサー
あ”?
アーサー
アーサー
本当にハグしたのか?
森羅
森羅
あぁ詳しく言うとバックハグな
アーサー
アーサー
…(ギュッ)
(なまえ)
あなた
わぅ///?!?!

アーサーが急に私の腕を引いてハグしてきた---

そしてじっと見つめてくる
あなたside

これどういう状況ですか?なんかすごい見つめられてるんですが…///シスター達に見られてるんですよっ!!恥ずかしすぎる…///
(なまえ)
あなた
っ///?!?!

今、いわゆる『顎クイ』というものをされました

まてまて、この状況やばいのでは?!
森羅さんはどんな表情なんだろう…
シスター達にはガン見されてるよ…
あぁもう恥ずかしすぎる…///!!!
(なまえ)
あなた
あ、あの…///
(なまえ)
あなた
アーサー?
アーサーはまだ私をじっと見ている
見ているのかと思ったら…
(なまえ)
あなた
なっ///!!!
私の方へアーサーの顔が近ずいてくる
このままいくと…💋
(なまえ)
あなた
ち、ちょっ///!!!
アーサーは躊躇ためらうことなくどんどん近ずいてくる


NEXT.