無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

寝顔
中隊長からの呼び出しが終わりリビングへ向かった
少し疲れたからソファーに座ろうとすると…
アーサー
アーサー
…?!?!
(なまえ)
あなた
(。ρω-。).。zZ…スヤスヤ
アーサー
アーサー
(可愛すぎるだろ…///)
森羅
森羅
おい、お前なにニヤけてんだよ
アーサー
アーサー
べっ、別になんでもない
アーサーside
この寝顔を森羅に見せる訳にはいかない…
あなたの寝顔は俺だけが見れればいいんだ!!
森羅
森羅
嘘だろ?なんか隠してんな?
アーサー
アーサー
な、何も隠してないぞ!!
森羅
森羅
嘘つくの下手かよ
アーサー
アーサー
なんだと悪魔!!
森羅
森羅
ぁあ?やんのかバカ騎士!!
(なまえ)
あなた
(⊃ωー`).。oOアワアワ💤
アーサー
アーサー
そんな大声出したらあなたが起きてしまうだろ!!
森羅
森羅
そういえばあなたの部屋ってまだないよな?どこで寝てるんだ…
アーサー
アーサー
(ソファーで寝てるのがバレてしまう)
森羅
森羅
ソファーとかで寝てんのか?
アーサー
アーサー
Σ:(;゙゚'ω゚'):ギクッ!
アーサー
アーサー
そ、そ、それはないだろ!!
森羅
森羅
( ¯∀¯ )ヘェー本当にそうかぁ〜?
アーサー
アーサー
(やばい完全にバレた…)
森羅がソファーの方へ向かう---


NEXT.