無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

守りたい笑顔
ヒーリングボイスの母親がこれ以上苦しまないように俺のエクスカリバーでそっと鎮魂した---
(なまえ)
あなた
…あ、ありがとうございました、グスン
森羅
森羅
いえ、僕たちは当然のことをしただです
桜備大隊長
桜備大隊長
お母さんが焰ビトになって不安だったでしょう
(なまえ)
あなた
は、はい…
(なまえ)
あなた
でも電話でアーサーさんが落ち着かせてくれたのでもう大丈夫です!
俺のこと覚えていてくれたのか!!
(なまえ)
あなた
それにお母さんを苦しめずに鎮魂していただいたので!!
(なまえ)
あなた
私はもう大丈夫です!みなさん本当にありがとうございました!!
(なまえ)
あなた
ニコッ
天使のような笑顔に思わず俺は頬を赤くした
アーサー
アーサー
…ふッ///

この笑顔を一生守りたい
他の誰かのものになってほしくない
そう思った---



NEXT.