無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

上目遣い
アーサー
アーサー
(可愛すぎんだろぉおお///)
俺はヒーリングボイスの女に一目惚れした


そして焰ビト鎮魂のため家の中に入っていく

中には確かに焰ビトになった母親がいた
一方ヒーリングボイスの女は…
(なまえ)
あなた
苦しいよね、痛いよね…グスンッ
泣いている?!?!
母親が焰ビトになったんだ、そりゃ悲しいだろう…
アーサー
アーサー
俺に鎮魂させてくれ
そう言って俺は無意識のうちに
泣いている女の頭の上に手を乗せて撫でていた

するとその女は潤んだ瞳で俺を見上げてきた
こ、これが上目遣いってやつか…///
アーサー
アーサー
(それは反則だろ///)
そんなことをふと思ったが

すぐに切り替えて鎮魂に取りかった----



NEXT.