無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

48
2021/06/23

第36話

36
清春
清春
なっ、え?
清春
清春
だっ、だめやって!
小太郎
小太郎
何でだめなの?
清春
清春
大事にしたいから…
小太郎
小太郎
もう十分大事にして貰ってるよ
小太郎
小太郎
いつも僕のために色々我慢してるよね
清春
清春
……
小太郎
小太郎
僕もきよの喜ぶことしたい
清春
清春
…っでも
小太郎
小太郎
僕が男だからシたくないの…?
清春
清春
そんなわけないやろ…!
清春
清春
シたいに決まってるわ…
小太郎
小太郎
ならシたらだめな理由ないじゃん
清春
清春
っ……
小太郎
小太郎
シないの?
清春
清春
っ…キツくなったら言えよ…
小太郎
小太郎
うん
小太郎の唇を割って舌を入れた。
小太郎
小太郎
んっ…っ…ふ…
清春
清春
っは…小太郎大丈夫か?
小太郎
小太郎
だいじょうぶ…
潤滑剤を指につけ、中に指をいれた。
小太郎
小太郎
いっ…!っ…はっ…
清春
清春
ごめん…痛いよな
引き裂かれるような痛みで顔が歪む。
少しでも力を入れると痛みが増す。
小太郎
小太郎
はっ…っ…
痛みで何も考えられない時に清春の指がある一点に触れた。
小太郎
小太郎
あぁっ…!?
急な快楽に声を抑えられなかった。
清春
清春
…ここ?
小太郎
小太郎
っ…ふっ…っ…
枕に顔を当て必死に声を抑える。
清春
清春
声抑えてるん?
小太郎
小太郎
あたりまえっ…でしょ…
小太郎
小太郎
男が感じてる声なんて聞いたらっ…、嫌いになっちゃうよ…
清春
清春
ならへんわ!
小太郎
小太郎
だって…気持ち悪いよ…?
小太郎
小太郎
僕…、女の子じゃないから…
清春
清春
小太郎だから関係ないわ
小太郎
小太郎
…ほんと…?
清春
清春
じゃないとこういうことしやんって笑
清春
清春
だからそれとってや
清春
清春
見たい……顔…
小太郎
小太郎
…取りずらくなった
清春
清春
なんでやねん!
清春
清春
とってや!w
小太郎
小太郎
わかったw
小太郎の口調が明るくてもやはり不安はあるようで、恐る恐る枕を取った。
小太郎
小太郎
…ほんとに引かないでね
清春
清春
当たり前やろ
再度、指を増やして中に入れると僅かだが、さっきよりもすんなり入っていった。
小太郎
小太郎
んんっ…は…
弱いところを何度も刺激する。
小太郎
小太郎
やっ…んっ、ねっ…しつこいっ…んんっ…
清春
清春
そうやないと痛いの小太郎やから…
集中的にそこを責めると、自然と小太郎の声が漏れた。
小太郎
小太郎
んぁっ…、っ…あっ…
清春
清春
気持ちいい…?
小太郎
小太郎
んっ、きもちっ…っ…っは…
清春
清春
イける?
小太郎
小太郎
わかっ…んないっ…あっ…
すでに不規則な呼吸。
試しに指をもう一本増やしてみた。
小太郎
小太郎
っあ!?っ…んんっ…!
清春
清春
……イった?
小太郎
小太郎
っ聞かないで!!
清春
清春
ごめん笑
小太郎
小太郎
…引いてない?
清春
清春
引いてない
ふにゃっと安心した笑顔を清春に向けた。
その笑顔を見ると胸がきゅぅっとした。
清春
清春
っ……挿れていい…?