無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

43
2021/02/06

第5話

5
清春
清春
俺何したんやろ…
1度自分の部屋に戻って昨日の記憶を辿ってみた。
清春
清春
市川くんからお酒貰って……やばいもう覚えてない…
清春
清春
誰かに聞いてみるか…
リビングにいたりょうがたちに聞いてみた。
清春
清春
俺昨日どんくらい酔ってた?
涼雅
涼雅
めっちゃ酔ってたよw
三波斗
三波斗
こたにずっとべったりくっついて離れなかったしw
さつき
さつき
市川くんも酔ってたしねw
清春
清春
市川くんは?
さつき
さつき
今部屋で寝てるよ
さつき
さつき
飲みすぎて気持ち悪いって
涼雅
涼雅
急にどしたの?
清春
清春
いや、酔って迷惑かけてなかったか気になって
三波斗
三波斗
それならこたになんかしてあげれば?
三波斗
三波斗
こた昨日きよちゃんおんぶして部屋まで運んだり色々してたし
清春
清春
うわ、そんな酔ってたんだ…
清春
清春
わかった、ありがとう
迷わず小太郎の部屋に向かった。
ただ、ノックするのを少し躊躇してしまう。
深呼吸してをしてドアをノックした。
小太郎
小太郎
はーい
清春
清春
清春なんだけど…
小太郎
小太郎
あー…入っていいよー!
ドアを開けて小太郎の近くに座った。
小太郎
小太郎
どうしたの?
小太郎
小太郎
なんか用あるの?
清春
清春
さっきみんなから聞いてこたに迷惑かけたみたいやからなんかしようかなって
小太郎
小太郎
あーwなるほどねw
小太郎
小太郎
じゃあ今度どっか行く時に欲しいもの買ってもらおっかな
いつも通り何気ない会話をしているようだが、いつもとは違った。
小太郎がさっきから1回も目を合わせてこない。
いつもなら話す時は必ず目を見てくる。
清春
清春
……聞きづらいんやけど…俺なんかした…?
小太郎
小太郎
何もしてないよw
また目を逸らした。
清春
清春
嘘ついてるやろ
清春
清春
俺ほんまに何したん?
小太郎
小太郎
何もしてないってば
清春
清春
じゃあなんで目逸らすん?
清春
清春
こっち見いや
小太郎の顔を掴んで目を合わさせた。
小太郎
小太郎
!!
小太郎
小太郎
ほんとに何もしてないから!
無理やり顔に当てていた手を離した。
力ずくで離されバランスを崩した。
小太郎に覆いかぶさってしまった。
清春
清春
いった…何すんねん
起き上がろうと床に手を着いた時だった。
昨日の記憶が全部蘇った。
昨日もこんな風に小太郎のことを押し倒している。
清春
清春
えっ…俺…好きって言ったん…?