無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

46
2021/03/14

第18話

18
普段通る道。よく行くところ。
どこを探しても2人はいなかった。
時刻は3時。
真っ暗な空がさらに不安な気持ちを煽る。
不安が積もって焦るばかり。
さつき
さつき
市川くんいましたか?!
慶一郎
慶一郎
いない……
さつき
さつき
っ…
さつき
さつき
どこに行ったんだろ…
慶一郎
慶一郎
っ…もっかい電話かけてみる
清春のスマホに電話をかけた。
1コール……2コール……3コール……と音が鳴る。
慶一郎
慶一郎
何してんだよっ…
6コール……。





清春と電話が繋がった。
慶一郎
慶一郎
!!
慶一郎
慶一郎
清春!
清春
清春
市川くん……
慶一郎
慶一郎
何してんだよ!
慶一郎
慶一郎
今どこに…
清春
清春
市川くん……っ…
清春のすすり泣く声がした。
慶一郎
慶一郎
清春っ…?どうした?
さつき
さつき
きよちゃん!どうしたの?
清春
清春
っ…さっちゃん…市川くん……
清春
清春
…たすけてっ…
震えた声で清春は助けを求めた。
さつき
さつき
こ、こたは?
清春
清春
起きないっ…どうしよう…こたが……
慶一郎
慶一郎
落ち着け…!今どこにいる?
清春
清春
○○トンネル……道路の下にあるとこ…
慶一郎
慶一郎
すぐ行く!あと少しだけ待ってろ!
すぐに他の人に連絡をしてそこに向かった。
そこは人通りが少なく、誰も近寄らない場所だった。
清春の行っていた場所に着くとすぐに車から飛び出した。
三波斗
三波斗
きよちゃん!
みなとが清春の方に走った。
清春
清春
みなと…こたが…
清春の目線の方を見た。







小太郎はピクリとも動かなかった。
やっぴ君
やっぴ君
こた!こた!
米村君
米村君
救急車呼ぶよ!
小太郎は病院に運ばれた。















小太郎を見て言葉を失った。






血色の無い顔。首を絞められた跡。頬を殴られた跡。泣いたであろう目の腫れ。

小太郎を見れば事の残虐さが嫌でもわかった。
清春
清春
こたっ……
眠っている小太郎の手を握りながら清春は泣いた。
さつきとみなとも耐えられず泣き出した。
さつき
さつき
こたがぁっ……こたが…
三波斗
三波斗
どうしよ……こたっ…
慶一郎
慶一郎
っ………
涼雅
涼雅
みなと……
慰めの言葉でも「大丈夫」なんて気軽に言えなかった。
何も言わずにさつきとみなとのことを抱きしめて、頭を撫でることしか出来なかった。








小太郎の手を握っている清春をよく見ると、清春も怪我をしていた。




縛られた跡のようなものだった。


皮膚が擦れて血が出ていた。唇も切れて、清春も顔を殴られていた。
米村君
米村君
清春も怪我してるじゃん!
清春
清春
え…?…あぁ…ほんとだ…
怪我したことに気が付かなかった。
米村君
米村君
手当しに行くよ
清春
清春
でも…小太郎…
米村君
米村君
あんたも軽傷じゃないんだから!
半ば強引に清春を手当に連れていった。
医者
他にも怪我していないか確認したいので上だけ脱いでもらっていいですか?
清春
清春
はい…
上を脱ぐと、痣が沢山あった。
清春は手当が染みても虚ろな目をしているだけで何も言わなかった。
手当が終了して病室に戻った。
やっぴ君
やっぴ君
何があったか聞いても大丈夫…?