無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

43
2021/03/23

第20話

20
一人の男がそう言った。
小太郎
小太郎
やだやだ!助けて!
男A
男A
うるさいな〜
男A
男A
ちょっとは静かにできないの?
男B
男B
そんなに喋るってことは塞がれたいの?
小太郎
小太郎
違う!
清春
清春
やめろ!
男A
男A
ほんと2人ともうるさいよね
男A
男A
耳障り
男B
男B
お前は黙って見てろ
清春の口に布を詰められた。
清春
清春
ん''ー!ん''っー!
いくら手を動かしても手錠は壊れない。
頭ではわかってるのにビクともしない。
男A
男A
大丈夫大丈夫
男A
男A
ちゃんと解してあげるから
暴れる小太郎を押さえつけ、穴の中に指を突っ込んだ。
小太郎
小太郎
い''たい!や''だぁ!
小太郎の綺麗な顔が苦痛で歪んだ。
目の前にいるのに助けれない。
気持ちが焦る。

早く手錠を取らないと、早く、早く。
男B
男B
お前ばっかずるくね?
男B
男B
さっきもお前だったじゃん
男A
男A
穴なんて1つじゃねぇだろw
男B
男B
あぁ、そっかw
男は自分のモノを小太郎の顔に押し付けた。
男B
男B
やることわかんだろ?
小太郎
小太郎
っ…やだ…!
男B
男B
別にお前じゃなくても向こうの奴にやらせてもいいんだぞ?
小太郎
小太郎
きっ…清春だけはだめ…!
男B
男B
だったら早くやれって
ソレを小太郎の口の中に突っ込んだ。
小太郎
小太郎
う''っ!っ…ん''んっ…
清春
清春
ん''ん!!ん''ー!!
男A
男A
はぁー…
男は清春の方に向かって口から布を外した。
反抗的な目をしている清春の顔を思い切り殴った。
清春
清春
い''っ…!
小太郎
小太郎
っは…清春!!
男B
男B
離すな!
小太郎
小太郎
清春には何もしないんじゃないの?!
男B
男B
あー…俺からは何もしねぇよ?
小太郎
小太郎
なっ…!嘘つき!!
男B
男B
そんな怒んなって
男B
男B
な?
男が小太郎にキスをしようと舌を入れた。
小太郎は入ってきた舌を噛んだ。
男B
男B
い''って!!
男B
男B
ちっ…この阿呆!!
小太郎の頬を容赦なく殴った。
小太郎
小太郎
っ!!
男B
男B
お前のこともっと殴ってやろうか…?
男B
男B
ああなりたいのか?
男の視線の先には暴行をされている清春がいた。
小太郎
小太郎
清春!!
清春
清春
っ…こた…
男A
男A
さっきみたいに騒いだらあいつを殺すぞ
男A
男A
原型がわからなくなるくらいぐちゃぐちゃにして…
清春の耳元で囁いた。
この男なら間違いなくやる。
確信した瞬間にゾッとした。
男はそれだけ言い残して小太郎の元に戻った。
小太郎の腰に手を当てた。
小太郎
小太郎
やっ…やだ…やだ…!
男A
男A
ちゃんと抑えてろよ
小太郎
小太郎
やだ!!やめて!!
小太郎
小太郎
お願い!!
小太郎
小太郎
清春!!
清春
清春
っ……!
男A
男A
ちゃんと見てろよ?
小太郎
小太郎
やだぁ!!
男B
男B
暴れるな!
泣き叫びながら抵抗する小太郎のことを殴った。

俺はその光景を見ないように唇を噛んで目を背けることしか出来なかった。


不意に小太郎と目が合った。
小太郎
小太郎
うっ……っ…きよはる……
小太郎
小太郎
見ないでっ…
小太郎の目から大粒の涙が零れた。
清春
清春
こたっ……
清春の涙が頬をつたって床に滴り落ちた。


男はやめるわけもなく、強引に挿れた。
小太郎
小太郎
あ''ぁっ!!い''だい!!痛''い
小太郎
小太郎
抜い''てぇ!!
その瞬間。

何も考えれなくなった。目の前で苦しそうに泣いている小太郎がいたのに何も出来なかった。自分が無力なことを自覚した。