無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

42
2021/03/25

第21話

21
小太郎
小太郎
あ''ぁっ…っ…きよっ…きよぉ……っ…きよはるっ…
小太郎はずっと清春の名前を呼んでいた。
何度も気を失いそうになっていた。
むしろ気を失った方が楽なのに、失いかけたら必ず清春の名前を呼んで自分を起こした。
気を失うと清春が心配して無理することを知っていたからだろう。
小太郎
小太郎
っ…ぁ''っ………は…き…ょっ…
何時間経ったのだろう。
小太郎に抵抗する力なんてとっくのとうに無くなっていた。
掠れた声で名前を呼び続けていた。
清春の唇から血が出ていた。
何も出来なかった自分が情けなくて仕方なかった。
男A
男A
こいつまだ名前呼んでる…
男A
男A
いい加減諦めろ!
カッとなった男が小太郎の首を締めた。
小太郎
小太郎
っは……っ…ぅ''っ…かはっ…
男B
男B
おい!やめろ!
男B
男B
死んだらどうすんだよ!
小太郎
小太郎
っ…は…やめ''っ……き''よ…っ…はる''…
男A
男A
黙れ!!
清春
清春
やめろ!!
小太郎
小太郎
き''っ……ょ……っ……
小太郎の身体から力が抜けた。
小太郎は気を失った。
清春
清春
…小太郎…?
男B
男B
おいこれやべぇんじゃねぇの…?
男A
男A
し…死んでないだろ…w
男A
男A
寝たフリしてるんじゃねぇぞ!
小太郎の頬を男が軽く叩いた。
無反応だった。
清春
清春
小太郎!小太郎!
男A
男A
嘘だろ…?w
清春
清春
やだ!!小太郎!!小太郎!!
清春はその場で泣きわめいた。





清春と小太郎はその後、車に乗せられさっきの場所に置き去りにされた。
────────────────────────



涙を流しながらその事を伝えた。
清春
清春
俺のせいなんですっ……
清春
清春
外に行くなんて言わなかったらこんな事にならなかったのにっ……
やっぴ君
やっぴ君
っ…誰も悪くないから!
清春
清春
だって…!俺がっ…
やっぴ君
やっぴ君
違う!
清春
清春
俺のせいだっ…!
清春が自分のことを責めるのも無理はなかった。泣き崩れた清春を市川くんが別室へ誘った。
慶一郎
慶一郎
1回ここ離れよ
慶一郎
慶一郎
な…?
清春
清春
っ……はいっ…
市川くんだって辛いはずなのに、周りを不安にさせないために辛い素振りを見せなかった。
きっと今も泣き叫びたいくらい辛いのに。