無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
52
2021/02/02

第1話

1
小太郎
小太郎
ねぇ
小太郎
小太郎
ねぇってば
小太郎
小太郎
聞いてる?
清春
清春
あぁ、ごめん。ぼーっとしてた
清春
清春
何の話してたっけ
小太郎
小太郎
もー大丈夫?おじ春?
小太郎
小太郎
ご飯どこで食べる?って話してたんだよ!
清春
清春
そうやった
清春
清春
こた何食べたい?
小太郎
小太郎
お寿司食べたい!
清春
清春
じゃあ寿司食べに行こ
小太郎
小太郎
やったー
小太郎
小太郎
さっき話聞いてなかったから
きよの奢りね!
清春
清春
やっばw
清春
清春
今日だけやからなw
小太郎
小太郎
早く行こ!
悪戯そうに、にぃっと笑った。
後ろ姿だけでもわかるくらい嬉しそうに歩いていった。
清春
清春
(可愛いなぁ)
改めて自分の気持ちを再認識した。
小太郎のこと好きなんだなぁ。
その気持ちに気づくはずもない小太郎が振り向いた。
小太郎
小太郎
遅いー!早く行ってお寿司食べよ!
お腹空いた!
きよの手を掴んで足早にお寿司屋さんに向かった。








どうもゆかりです!
今日からきよこたの小説を書いていきたいと思います!
初心者なので暖かい目で見ていただいたら光栄です。