無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

36
2021/02/16

第12話

12
やっぴ君
やっぴ君
最近仕事頑張ってたやろ
やっぴ君
やっぴ君
付き合ったら少しは浮かれるかと思ってたんやけど前より力入れて仕事してるしね
やっぴ君
やっぴ君
米村と話して決めたんやから楽しんでこなあかんで?
清春
清春
っ…ありがとうございます!
深く頭を下げて小太郎の元へ駆けた。
ノックすることも忘れて扉を勢いよく開けた。
清春
清春
こた!!
小太郎
小太郎
びっくりしたぁ!!
小太郎
小太郎
どしたどしたw
清春
清春
今週の休みに出かけんぞ!
小太郎
小太郎
えっ!?
小太郎
小太郎
あっ、みんなで…?
清春
清春
なわけないやろ!w
清春
清春
2人でやって!
小太郎
小太郎
ほんとに?!
清春
清春
やっぴ君と米村君が仕事頑張ってるからって!
小太郎は嬉しすぎてやっていてゲームを放り投げて清春に飛びついた。
清春
清春
ちょ!いきなり飛びつくな!w
そう言いながらもしっかり小太郎のことを受け止めた。
小太郎
小太郎
ほんとに2人で?
小太郎
小太郎
嘘じゃないよね?
清春
清春
ほんまに2人で
小太郎
小太郎
仕事頑張ってよかった
小太郎の抱きしめる手が弱まった。
慶一郎
慶一郎
……なんかごめんな
慶一郎
慶一郎
俺通りすがっただけなのよ…w
小太郎
小太郎
いや、なんかごめん…w
テンションあがりすぎてドアが空いてたのをすっかり忘れていた。
清春
清春
すみません…w
市川くんはすぐに下に降りていった。
小太郎
小太郎
とりあえず部屋入ろ!
清春の手を引いて今度こそドアを閉めた。
小太郎
小太郎
どこ行く?
清春
清春
小太郎はどこ行きたい?
小太郎
小太郎
僕はいいの!
小太郎
小太郎
いっつも僕の行きたいとこ行ってるから次はきよの行きたいとこに行きたい!
清春
清春
わかったわかったw
小太郎
小太郎
やった〜
小太郎
小太郎
どんなとこがいい?
小太郎の声は弾んでいた。
清春
清春
人混み苦手やからあんま人いないとこ行きたいな
清春
清春
小太郎とゆっくりしたい
小太郎
小太郎
じゃああんまり人気じゃないとこ行こ!
話し合った結果、他の人が知らなさそうな水族館に行くことにした。
小太郎
小太郎
へへっ楽しみ
清春
清春
残ってる仕事頑張ろうな!
小太郎
小太郎
うん!頑張る!








次の日
コンコン
涼雅
涼雅
はーい
小太郎
小太郎
りょうが〜?
小太郎
小太郎
小太郎なんだけど
涼雅
涼雅
いいよー
部屋に足を踏み入れ、りょうがの前に正座した。
涼雅
涼雅
どした?w
小太郎
小太郎
んー…服選んで欲しいなぁって…
涼雅
涼雅
いいけどなんかあんの?
小太郎
小太郎
えっと……きよと出かけるんだよね
小太郎
小太郎
僕センスないから相談にきたの
涼雅
涼雅
あーなるほどねw
涼雅
涼雅
いいよw
快く了承してくれた。
清春が普段着ている服装やその日の天気に合わせて考えた。
涼雅
涼雅
うん、いいんじゃない?
涼雅
涼雅
その服装が1番いい気する
小太郎
小太郎
ほんと?
小太郎
小太郎
これでいいかな
涼雅
涼雅
めっちゃいい
小太郎
小太郎
じゃあこれで行く!
小太郎
小太郎
ありがとう!
なんとか服が決まった。
あとは当日までに仕事を頑張るだけ。