無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

48
2021/03/15

第19話

19





遡ること数時間前。
会話が盛り上がっているときだった。
小太郎
小太郎
それで市川くんがね
清春
清春
うん
楽しそうに話す小太郎とその話をうんうん、と優しい声色で相槌を打つ清春。











その幸せな空間はすぐに壊された。




後ろから足音がすると思ったら口を抑えられた。
小太郎
小太郎
ん''んっ?!
清春
清春
ん''ん!!
男A
男A
早く人来る前に行くぞ!
男B
男B
わかってるって!
身体の大きい数人の男たちに抑えられ、車の中に入れられた。

状況を理解する間もなく目的地に着いた。
着いた場所は誰かの家。
薄汚い部屋の蛍光灯は1本切れていた。
中には1人の女性がソファに腰をかけていた。
女性
女性
清春くん久しぶり!♡
清春を見るなり飛んで抱きついた。
小太郎の顔が険しくなった。
その女性はメンバー全員が知ってる危険人物だった。
清春の熱狂的なファンで、プレゼントに髪の毛を入れたり食べ物に爪を混ぜたりしてきた。
チェキ会では無理矢理キスをしてこようとする程だった。
全員で話し合った結果、その女性を出禁にし、SNSのアカウントをブロックした。
女性
女性
なんでブロックしたの?
女性
女性
こんなに大好きなのに…
清春の背中に爪を立てた。
清春
清春
ん''!!
女性
女性
あっ、ごめんねぇ?痛かったよねぇ?
女性
女性
でもね、清春くんが悪いんだよ?全部
女性
女性
だからこれはお仕置。2人とも付き合ってるでしょ?
女性
女性
あんなやつにたぶらかされちゃって…
どんなお仕置受けるかは言わないけどね
清春の頬をキスをするとその女性は出ていった。
男A
男A
もういいってことか?
男B
男B
多分ね
口を押さえていたものを外された。

俺だけ手錠をドアノブにかけられた。
小太郎は手錠を付けたまま寝転がらされていた。
男A
男A
じゃあいただきまーす
男は乱暴に小太郎の服を脱がせた。
小太郎
小太郎
やだ!やめて!
清春
清春
こた!
男A
男A
ちゃんと見とけよ?
手錠が繋がれているから近づくことが出来ない。
小太郎はすぐに裸にされた。
小太郎
小太郎
きよ!きよぉ!
男B
男B
うるせぇな〜
頬をつかみ小太郎にキスをした。
小太郎
小太郎
んー!
男は小太郎の唇をこじ開け舌を入れた。
清春だってした事の無いキスだった。
清春
清春
やめて!こた!
小太郎
小太郎
っ…んっ…う''っ…
清春の声は男たちに届くはずもなく、小太郎のことを襲い続けた。
小太郎の目が涙で滲んできた。
清春の方に目をやり、目だけで助けを求めていた。
助けたいのに手錠のせいで何も出来ない。
男たちに小太郎の身体の隅々までキスをした。
足、お腹、腕、首筋、他にも全部された。










































男A
男A
なぁ、もうそろ挿れようぜ